〜eBay輸入ビジネスで貯金ほぼゼロからマイホームを建てたスケのブログ〜

オンライン決済システム『PayPal(ペイパル)』について解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、スケです!

 

今回は、輸入ビジネスに無くてはならない存在でもある、

 

オンライン決済システム『PayPal(ペイパル)』について

解説していこうと思います。

 

 

PayPalとは

 

PayPalとは、

 

eBayやその他オンラインの金銭取引を

安全・安心・迅速】に行うことができる様に仲介に入ってくれる、

eBay公認のオンライン決済システムです。

 

 

事前にクレジットカード情報を登録しておくことで、

とてもスピーディに支払いを完結させることができます。

 

複数枚クレジットカード情報を登録しておけますので、

その都度どのカードを使うか選択が可能です。

 

 

またクレジットカード番号や銀行口座の情報を

PayPalに予め登録しておくことで、

海外セラーに個人情報を教えなくても良いという点も安心ですね!

 

 

PayPalの手数料

 

商品を購入する側の手数料は無料です。

PayPalの手数料は販売者側が支払っています。

 

手数料が無料なので、

仕入れをする側は何も気にすることなく

バンバン商品の購入が出来ます。

 

 

日本でいうと、例えばヤフオク!やAmazonも

基本的に購入者側には手数料はかかりません。

 

eBayでも同じことが言えます。

 

いつも手数料を負担しているのは、

商品を販売している側が基本ということが分かります。

 

 

カスタマースタッフの丁寧な対応

 

何かトラブルがあり一度でもPayPalに問い合わせをすると、

恐らく大半の人が「対応が丁寧だった」という感想を持つと思います。

 

PayPalはカスタマーセンターの応対品質が大変丁寧なことでも有名です。

 

 

日本語が堪能な外国人の方(90%外国人女性、稀にに日本人の方も)

がとても丁寧に対応してくれます。

 

 

正直そこらの企業の日本人コールセンタースタッフよりも

丁寧な対応だと僕は思います(笑)

 

 

商品の仕入れをする様になったら、

是非一度問い合わせをしてみてくださいね。

 

特に大した用事ではなくても丁寧に対応してもらえるはずです(^^)

 

 

買い手保護プログラム

 

PayPalを利用して商品を購入する最大のメリットがこれです。

 

PayPalを通して商品代金の支払いをすると、

バイヤープロテクション(買い手保護プログラム)』

というものが適用されます。

 

 

これは例えば、

 

・eBayで購入した商品が日本へ届かなかった。

・壊れた商品や偽物が届いた。

 

この様な事態が起こった際に、

条件を満たしていればPayPalで支払った金額分

全額保証してくれるという購入者を保護するサービスです。

 

 

・PayPalで支払いを済ませた場合。

・転送会社を通さず日本へ直送の場合(一部例外あり)。

・届いた商品が説明と著しく異なる場合。

 

以上がPayPalから買い手保護を受けるために必要な条件となります。

 

 

日本へ直送の商品なら100%補償してくれるのですが、

 

転送会社を通してしまうと

補償の対象外になってしまう場合があります。

 

 

しかしeBay上での商品説明と著しく異なる場合

明らかに転送会社が原因ではない破損だったりした場合には、

 

転送会社を利用していたとしても、

しっかり補償はしてくれますのでご安心ください。

 

 

このプログラムはPayPalが、

不安な海外取引から購入者を守ってくれるかなり心強いサービスです。

 

 

しかし、

 

「補償してくれるから」

と一月の間に何度もこのプログラムを多用して、

PayPalにクレームを出しすぎてしまうと大変なことになる場合もあります。

 

このお話は長くなってしまうので、

また別の記事でお届けしていこうと思います。

 

 

しかし通常通り健全な取引を心がけていれば、

PayPalは絶対的に購入者の味方をしてくれます。

 

今後PayPalに変わる便利なオンライン決済サービスが

「確実に出てこない」とも言い切れないですが、

 

間違いなく輸入ビジネスをする上で

一番お世話になる会社だということは断言出来ます。

 

 

 

僕らもPayPalのカスタマースタッフも同じ人間です。

 

何かトラブルがあったとしても、

こっちはPayPalを使ってやっている

という消費者的な考え方ではなく、

 

一緒にビジネスをして行くビジネスパートナーとして見ていくことが

企業との円満な関係を保って行くコツですね(^^)

 

 

 

本日の内容は以上となります!

 

記事の内容でご不明点、

質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください(^^)

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です