〜eBay輸入ビジネスで貯金ほぼゼロからマイホームを建てたスケのブログ〜

【無料ツール】 eBay輸入に使えるオススメの無料翻訳サイト

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、スケです!

 

これから輸入ビジネスを実践していく中で、

 

eBayやMyUSなどの

英語サイトを何度も行き来するようになります。

 

自分の英語力に自信が無くても

これは避けて通ることが出来ません。

 

 

世界的に見ても日本人の英語力は

アジアでは一番低いレベルと言われていますね。

 

そんな中例えば、何か商品に問題があったりした時は

セラーや転送会社と英語でやり取りする必要もあります。

 

 

しかし英語が苦手な日本人の強い味方となる

『無料の翻訳サイト』を活用していけば、

 

高いと思ってた英語の壁もひょいと

飛び越えて行けますよ!

 

 

今回は数ある翻訳サイトの中から

僕がオススメする2つをご紹介していこうと思います。

 

 

 

Google 翻訳

 

こちら名前の通り『Google』が無料で提供している

翻訳サイトになります。

 

Googleから検索すると『翻訳』と検索するだけで出てきます。

Google翻訳』のトップページはこんな感じ。

google

 

 

非常にシンプルで見やすいサイトですね(^ ^)

翻訳以外の余計な項目がないことも好感が持てます。

 

 

それではためしにeBayの商品ページから、

英文を翻訳してみましょう!

 

今回はこちらの商品を見て行こうと思います。

google1

 

国内外問わず人気のある、

New Balance』のメンズシューズです。

 

別の記事で

英語ページを2クリックで日本語表示する方法

ご紹介しておりますが、

 

今回の商品ページをまずはその方法で

日本語表示に変換してみたいと思います。

google1-2

 

 

はい、ものの数秒で日本語に切り替わりましたね。笑

google1-3

 

 

「こんなにも簡単に日本語表示出来てしまうのなら、

翻訳サイトなんていらないんじゃない?」

 

と思われるかもしれませんが、

 

商品ページを下までスクロールしていくと

セラーが入力した『商品の説明』や『配送に関する注意

などの大事な文章が翻訳されていませんね。

google1-4

 

 

Google Chromeの自動翻訳機能』では

この部分が自動翻訳されなかった為、

 

多少こちらで読み解いていかなければいけません。

 

 

商品の説明(Discription)には

商品について大事なことが書いてある場合が多いです。

 

ここを読み解く事をおろそかにすると、

 

表記に見落としがあって後で商品が届いた時に

痛い目を見るということにもなりかねません。

 

 

例えばコンディションが

『Brand New(新品)』となってる商品でも、

 

・「取扱説明書は付属しません」

・「商品には一部、破損個所があります」

 

この様な『商品本体』に関する大事なことが

自動翻訳されていない商品説明欄

表記してある場合があるということです。

 

 

 

それでは今回は例として、

 

ABOUT US(私たちについて)』

という部分をマウスの右クリックでコピーして

Google翻訳に貼り付けてみましょう。

 

google2

 

 

するとこのような文章に翻訳されました。

google3

 

 

Google Chromeの自動翻訳と同様

こちらもやはり完璧な翻訳というのは難しいです。

 

人ではなく機械がものの数秒で翻訳するわけなので

多少おかしな日本語が混じってくることはしょうがないですね。

 

 

このセラーは、

B級品や偽物は売りませんよ。自信を持って入札してください!

と言っています。

 

 

・評価数13511

・ポジティブフィードバックの率が99.5%

 

以上のセラー情報を見る限り

このセラーが言っていることはまず本当のことでしょう。

 

 

文章の中から最低限大切な内容さえ

把握することが出来れば、

 

英文すべてを理解しようとしなくても大丈夫です(^ ^)

 

 

 

Weblio翻訳

 

もう一つ無料の翻訳サイトを

ご紹介しておきたいと思います。

 

それは『Weblio翻訳』です。

web

 

 

先ほどの商品ページから再び

ABOUT US』Weblioでも翻訳してみましょう。

 

コピー・貼り付けをして、『英語→日本語』をクリック。

web1

 

 

先ほどのGoogle翻訳とは少しだけ文章の表現が違いますね。

 

この様にそのサイトごとに機械翻訳の精度が違ってくるので

翻訳結果も多少違ってくることがあります。

 

 

例えば一つ英文を用意していただき、

 

複数の無料翻訳サイトで一つずつ翻訳していくことで

『自分の表現として一番しっくりくる翻訳サイト』

探しをしてみるというのも面白いかもしれませんね(^ ^)

 

 

僕は今のところこの2つで必要十分ですが、

 

もし完璧な翻訳を求めるのであれば

有料ですが、プロの翻訳家があなたの為に

個別に翻訳してくれるというサービスもあります。

 

参考サイト:Conyac(コニャック)

興味のある方は覗いてみてくださいね。

 

 

 

本日の内容は以上となります。

 

記事の内容でご不明点・質問等ありましたら

お気軽にお問い合わせください(^ ^)

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です