ヤフオク!ウォッチリスト数を倍増させて売れやすくする方法

   

 

どうもこんにちは、スケです。

 

通常ヤフオク!で即決出品を選択すると、

 

二桁のウォッチリスト数を獲得するために

結構な時間がかかったりします。

 

 

ウォッチリスト数は二桁もあれば否応無しに

商品は売れていくことが予想できますが、

 

それを待たずともなるべく早く商品を

回転させたい場面も少なくはないです。

 

 

今回はヤフオク!のウォッチリストを倍増させて

通常よりも商品を早期に売れやすくするための

 

ちょっとした裏技をご紹介したいと思います!

 

 

 

この方法を実践する前に

 

この裏技を実践してもらう前に以下の

4つのことだけ理解しておいてくださいね。

 

・オプション利用料が1商品216円かかる

・この方法で必ず落札が約束されるわけではない

・需要の低い商品では効果の得られない物もある

・今後予期なくYahoo!により対策される場合も

 

基本的には人気のある商品・需要の高い商品

使うと効果的な方法となってきます(^^)

 

 

それでは内容に入っていきましょう。

 

一連の流れは以下の通り。

 

・ウォッチリスト数を数日で倍増させる

・そのウォッチリストをキープする

・ウォッチリスト全員に希望価格をアプローチ

 

 

 

ウォッチリスト数を数日で倍増させる方法

 

まずはウォッチリスト数を倍増させる方法、

それは『最低落札価格』を活用していきます。

 

 

ヤフオク!有料オプション『最低落札価格』

 

ヤフオク!では、

 

スケ
この商品は絶対に赤字を出したくない!

という場合に商品に最低落札価格を設定し、

その設定価格以上の入札が入らないとオークションが

終了しないように設定するオプションがあります。

 

■関連記事はこちら

ヤフオク!販売手数料と出品オプションについて

 

 

オプション利用料は1商品1回108円(税込)。

 

設定した最低落札価格は非公開となりますので、

入札者には一切分からない仕様となっています。

 

 

1円スタートでアクセス数・ウォッチリスト数を稼ぐ

 

オプションなしの1円スタートをすると

人気のある商品ではジリジリと金額が上がっていくため、

 

競ってもらえることで『入札数』を稼ぐことができます。

 

 

一方、最低落札価格を設定すると

入札された時の価格がそのまま反映されます

 

例えば1円からスタートして

最低落札価格を19,000円に設定、

 

それを誰かが「12,000円なら…」と

金額を入れると商品金額は

 

いきなり1円から12,000円の表示に変わります

 

 

結果100円、1,000円、10,000円と

ジリジリ金額が上がっていく通常のオークションに比べ、

 

入札数の増加はあまり見込めなくなります。

 

 

では「あまり意味がないんじゃない?」

と思われるかも知れませんが、

 

1円スタート最低落札価格アリで出品することで

注目させてアクセス数は集めることができます。

 

 

そのアクセスしてくれた人の中から、

 

もしかして安く自分が買えるかも?

という人たちが続々とウォッチリスト

登録していってくれるんですね。

 

 

この様にしてまずはウォッチリスト数

増やしていきます。

 

 

 

集まったウォッチリスト数を残す方法

 

最低落札価格まで上がり無事落札⇒利益確保!

となればそれはそれで万々歳なんですが、

 

設定価格まで上がらずオークションが

終了してしまうことも多いです。

 

 

そして入札が入ったまま落札されず終了

 

すると次に同じ商品を手動で再出品した時に

せっかく集まったウォッチリストが消えてしまいます

 

 

ここでウォッチリストの消える条件

注目してみましょう!

 

 

ウォッチリストが消える条件

 

ヤフオク!では、オークションIDが変わると

ウォッチリストが消えてしまいます。

 

 

例えば半月かけて20〜30ほど

ウォッチリスト数が溜まっていたとしても、

 

有無も言わさずゼロになってしまいます。

 

 

オークションIDが変わるのは以下の通り。

 

・ひとつでも入札が入る

・価格交渉が入りそれに答える

 

 

当然、最低落札価格をオプションとして追加し

入札が入った後、もし落札されず終了しても

ウォッチリストは消えてしまいます。

 

 

自動再出品を1回だけ設定

 

そこでこれを回避するために

自動再出品1回だけ設定しておきます。

 

すると本来入札が入ったことにより

消えてしまうハズのウォッチリストも、

 

消えずに再び1円から自動でスタートします

 

 

なぜこの様な状態になるかと言うと、

 

ヤフオク!では自動再出品によって

オプション設定も引き継がれることが原因です。

 

 

つまり最初に言った、

 

オプション利用料が1商品216円かかる

というのは、

 

最低落札価格のオプション利用料108円

自動再出品によって自動的に

 

2回分かかってしまうということですね。

 

 

ヤフオク!オプション設定画面

オークション形式で出品を選択し1円スタート

 

 

自動再出品1回に設定、最低落札価格を設定。

 

 

216円でウォッチリストを購入するイメージです。笑

 

でも上手くハマるととたったの数日でも

ウォッチリストを30〜40ほどにすることが

可能となります!

 

 

1つだけご注意としては、

 

オークションが自動再出品された際に

すぐにオークションの終了をしないと、

 

入札が1件でも入れば意味が

無くなってしまうという点です。

 

 

自動再出品 ⇒ オークションの管理 

⇒ オークションの取り消し

 

この操作をするタイミングだけは

速やかに行っていける様にしましょう!

 

 

 

ウォッチリスト達に希望価格をアプローチ

 

さて、この方法でだいたいの商品の場合は

二桁のウォッチリスト数が集まっているハズです。

 

あとはこのリスト達にあなたが希望する

金額をアプローチしていきましょう。

 

 

欲を出さずに相場価格それよりも

少し低い価格で再出品をしてみると、

 

その価格なら買ってもいいよ

という人が落札してくれることがあります。

 

 

ここでもし欲を出してしまうとせっかく集まった

ウォッチリストがみるみる減っていくことにも

なりかねませんのでお気を付けください。

 

 

最後に一連の流れをまとめると、

 

出品の際に最低落札価格と自動再出品を1回設定

オークション終了まで様子を見ながら待つ

落札されず再出品されたら速やかにオークション終了

最低落札価格を外し即決価格で再出品

 

 

実際に僕自身この方法で売れていった

商品はいくつかありますので、

 

よろしければ1度お試しくださいね(^^)

 

 

ただしオプション利用料がかかることなので、

ご利用は計画的にお願いいたします。笑

 

 

 

今回の内容は以上となります。

 

記事についてご不明点・質問等ありましたら、

お気軽にお問い合わせください(^^)

 

それでは本日も最後までお読みいただき

誠にありがとうございました!

 

 

 

 - 小ネタ・テクニック , , , ,