Amazonリサーチツール『モノレート』の使い方とチェックポイントについて解説

 

こんにちは、スケです!

 

今回は[keikou]せどり[/keikou]や[keikou]中国輸入[/keikou]などAmazonで物販ビジネスをする上で

必ずと言っていいほど活用される鉄板ツール『モノレート』の使い方と

チェックするべきポイントについて解説していきたいと思います!

 

まず始めにモノレートで主に確認する箇所をお伝えすると、

・コンディション毎の現在の価格相場

・リンクボタンから手数料等のチェック

・価格・出品者数・ランキングのグラフ

・最低価格の推移と売れた時期の確認

 

この4点です!

 

 

モノレートの見方をある程度理解するだけでも

[keikou]Amazonで月収10~20万円ほどなら稼げる[/keikou]といっても

決して過言ではありません。

 

ですのでこれからAmazon販売を始める方は

今回の内容を確実にご自身の中にインプットしてくださいね^ ^

 

それでは早速内容に入っていきましょう!

 

 

 

モノレートを開いてみよう

 

まずブラウザで「モノレート」と検索するとサイトが出てきます。

今後も使いやすい様にブックマークしておきましょう。

 

特に会員登録やログインは必要ありません。

[keikou]完全無料のリサーチツール[/keikou]という点も嬉しいところですね!

 

今回は一つ参考に商品を持ってきました。

 

SONYのポータブルDVDプレイヤー『DVP-FX780』を

例にとって話を進めていきたいと思います^ ^

 

 

 

コンディション毎の相場価格をチェック

 

まず最初にチェックするポイントとしては

[keikou]コンディション毎の現在の商品相場価格[/keikou]です。

 

Amazonでは商品の価格がよく変動しますので

現在の価格を把握しておくことは非常に重要となりますね。

 

そしてその価格は目の前で表示されている物が

必ずしも正確であるとは限りません

 

最終的な出品価格設定の為にもAmazonに出ている

正確な情報の確認は必ず行ってくださいね。

 

 

ではモノレートで先ほどのDVDプレイヤーを検索、

商品画像の下あたりにある価格の欄から『新品』をクリックしてみましょう。

 

するとこのDVDプレイヤーをAmazon上で

[keikou]新品[/keikou]にて出品しているセラーがズラーっと出てきました。

 

ここで見ていただきたいのが価格の横に[keikou]プライムマーク[/keikou]があるかです。

↓こんなマークを見たことがあるかと思います↓

 

これはAmazonのFBA倉庫に商品を預けているセラーが

表示することを許されているマークです。

 

というかFBA倉庫に商品を預けたら勝手に表示されるんですけどね。笑

 

またマケプレプライムに登録しているセラーも

同じく価格の横にプライムのマークが表示されます。

マケプレプライム-概要- (Amazonの公式ページ)

 

 

プライムマークが付いていると?

 

[keikou]Amazonプライム会員[/keikou]の購入者がプライムマークの

付いている商品を購入する際、以下の特典が受けられます。

 

・1999円以下の商品でも送料無料

・お急ぎ便・当日お急ぎ便・配送日時指定便の料金が無料

 

特にAmazonで商品を探している人の心理として

とにかくすぐに欲しい」というところがありますので

[keikou]お急ぎ便[/keikou]に対応していることは大きなメリットになりますね!

 

 

DVDプレイヤーは新品で出したら売れるのか?

 

この商品に対しプライムマークのあるセラーを確認してみると

安い順で見て[keikou]Amazonが最安値[/keikou]でした。

(僕の地元せどり仲間の間では「ゾンがいる」という言い方をします笑)

 

続けて一般のセラーがその下にいましたが

Amazonにはカートボックスというシステムがあって

基本的に最安値に設定しているセラーから商品が売れていく仕組みです。

 

価格をAmazonより下げれば売れていくでしょうが

恐らくですがこの商品はAmazonがいなくならない限り

新品では非常に勝負がしにくい状況の様ですね!

 

 

中古品の相場価格をチェック

 

では続いて[keikou]中古品の出品者と価格[/keikou]を見てみたいと思います。

再びモノレートから『中古』をクリック。

 

するとプライムマークの付いたセラーが3人いましたね!

 

当然中古ページに、ゾンがいることはありません^ ^笑

 

店舗やネットで中古品を仕入れて販売する際には

商品のコンディションを必ずすべてチェックしてください。

 

なぜならコンディションによって

大きく価格に開きがあることが多いからです。

 

 

購入者は商品説明掲載画像を見て中古品を買うかどうか

判断材料にしていますが、当然[keikou]価格も比較[/keikou]します。

 

その際コンディション毎に[keikou]適正な価格の設定[/keikou]を

していないと長い期間商品が売れていかないこともあります。

 

 

しかしこれは簡単なことです。

 

自分と同じコンディションで今ライバルはいくらなのか

これを確認して出品するだけです!

 

 

例えばDVDプレイヤーで見てみると

現在のライバルは3人共コンディションが「良い」以下、

 

説明や画像を除いてみるとプレイヤーとACアダプターのみなど

[keikou]付属品が揃っていなかったり[/keikou]、[keikou]傷や汚れがある[/keikou]ようですね。

 

 

ではあなたが店舗やネットからこれより状態の良い商品、

 

例えば[keikou]付属品完備のキレイな商品[/keikou]を仕入れ出来たら

販売する際、今の最低価格に合わせる必要はありません

 

今回のケースでは新品価格が12,000円以下でしたので

僕の見立てでは付属品が揃っていれば8,000円前後で出せば

サクッと売れていくかと思います^ ^

 

 

 

直リンクボタンについて

 

では続いて価格の下にあるリンクボタンをご覧ください。

 

①商品詳細 … 該当のAmazon商品ページへ

 

②価格比較 … 比較サイト『MONO SEARCH』へ

 

 

④レビュー … 商品のカスタマーレビュー

 

⑤出品制限 … アカウント毎の出品制限確認

※[keikou]新品・中古にて『出品する』のボタンがあるかチェック[/keikou]

 

⑥見る … 海外Amazonで同商品のページ

 

この中でよく使うリンクはですね。

 

[keikou]販売手数料(FBA利用時の手数料)の確認[/keikou]と

[keikou]出品可能かの確認[/keikou]は非常に大切なので頻繁に使うことになります。

 

便利なので直リンクボタンはどんどん活用していきましょう!

 

 

 

【グラフ】最安値・出品者数・ランキング・モノレートユーザー

 

続けてチェックするポイント、各グラフについてです。

 

こういうグラフを見るだけで嫌悪感を覚える人もいますよね。笑

 

しかし実はそんなに難しいものでもないので

[keikou]利益に繋げるために[/keikou]気を強く持って読み解いていきましょう^ ^

 

 

この中で基本的に最低限見ておいた方がいいのが

[keikou]最低価格[/keikou]と[keikou]ランキング[/keikou]のグラフです。

 

あまりにも出品者が多い場合は[keikou]出品者数の推移[/keikou]も見ておいてください。

 

 

グラフの表示は上にあるバーからソートが可能ですが

出品したいコンディションと期間は[keikou]3ヵ月[/keikou]を見ておけば大丈夫です。

 

12ヵ月以上のグラフから収益に繋げるテクニックもありますが

長くなるのでそれはまた別の機会にご紹介していきますね!

 

 

最低価格

 

グラフはそれぞれマウスカーソルを合わせるとその時の数字が表示されます。

 

画像からは12月14日に[keikou]新品11,506円[/keikou]、[keikou]中古4,980円[/keikou]という

最低価格だったことが分かります。

 

今回のDVDプレイヤーは

大きく最低価格の変動が無いので見やすいですね。

 

 

でも逆に見ると新品の価格に変動がないということは、

・1人のセラーが最低価格を更新していない([keikou]売れていない[/keikou])

・出品者同士が欲を出さず価格を合わせている平和状態

 

このどちらかです。

これがどういうことなのか後程解説していきます。

 

 

ランキング

 

続いて重要なのが[keikou]ランキング[/keikou]のグラフです。

 

ランキングが上がる=[keikou]商品が売れている可能性が高い[/keikou]です。

ここがギザギザしているほどよく売れていることを示しています。

 

しかしこれも後程解説していきますが

安易にランキングだけを見て仕入れの判断をするのは危険

なので、必ず覚えておいてくださいね!

 

 

 

最低価格の推移と売れた時期の確認

 

最後のチェックポイントとしては一番下の方にある

[keikou]商品が売れた時期も確認出来る最安値一覧表[/keikou]です。

 

左から順番に、

ランキング・新品出品者数・新品最低価格・中古出品者数・中古最低価格

と並んでいることが確認出来るかと思います。

 

これを順番に見ていきランキングが上がったタイミング

[keikou]本当に商品が売れていたのかを推測[/keikou]していきます。

 

 

例えば画像の赤ラインしてある箇所を見てください。

 

・ランキングは86000から41000へアップ(一つ売れた?

・新品出品者数・最低価格は変わらず(売れたのは新品ではないな

・中古出品者数減少(中古から一つ売れたのかな?

・中古最低価格に変化なし(最低価格以外の出品が売れたのかも!

 

実際に上記カッコ内の様に感じ取ってもらえればバッチリですね^ ^

 

 

また先ほどグラフの時に言った、

・1人のセラーが最低価格を更新していない([keikou]売れていない[/keikou])

・出品者同士が欲を出さず価格を合わせている平和状態

安易にランキングだけを見て仕入れの判断をするのは危険

なので、必ず覚えておいてくださいね!

 

これらについてですが、

・ランキングがよくギザギザしている状態だから

・価格が長期間安定しているから

 

この様なことを鵜呑みにして新品でも中古でも問題なく売れる

安易に仕入れると[keikou]痛い目を目る可能性[/keikou]もあるということです。

 

 

ランキングが上がっていても

目当てのコンディションで商品が売れていない可能性も高いわけです。

 

現にこの商品の出品者数新品最低価格の推移を見た時

僕は画像にあるように思います。

 

これは一つの状況ですので、新品でも価格が安定していて

Amazonもいなく[keikou]FBA倉庫に納品したら即売れしていくパターン[/keikou]もあります。

 

そこまで時間をかけて考えなくても商品は捌けますが

思ったような利益を得たかったり、

 

仕入れに対してより確実性を持たせたいのであれば

[keikou]最安値一覧[/keikou]はジックリ見て行った方がいいですね。

 

 

ただモノレートはあくまでツールはツールです。

[keikou]実践には勝りません[/keikou]。

 

無料ツールということで当然精度にズレは出てきます

ここは「データが間違いない」という気持ちで見るのではなく

[keikou]あくまで推測[/keikou]としていきましょう。

 

 

今回のグラフの読み方を心がけて行けば

ほぼほぼ売れているタイミングは掴めますので、

 

最初はとにかくモノレートで調べる癖を付け

推測と実践を繰り返して、

・グラフの読み方が間違えていなかった

・本当に商品が売れていくんだ

 

という[keikou]自信[/keikou]に繋げていってくださいね!

 

 

 

副業から10万円を目指す教材を無料プレゼントしています

 

手にした方から、

「分かりやすく解説されていて助かります!」

「実践してみたら3万円まではすぐに稼げました^^」

 

などと大変ご好評をいただいています

副業でも実践可能なインターネット物販ビジネスの教科書、

 

DREAM DECK

メルマガ登録者限定で無料プレゼントしています!

 

今なら[keikou]30分のコンサルティング[/keikou]や[keikou]商品のお試し添削[/keikou]まで

特典としてお付けしています。

無料相談としても是非ご活用くださいね!

 

是非メルマガに登録をサクッと済ませて

名刺代わりに特典と教材を受け取ってみてくださいね^ ^

 

 

それでは今回はここまでとなります。

 

記事の内容についてご不明点等ありましたら

お気軽にお問い合わせください!

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください