プロフィール

はじめまして!

僕の詳細なプロフィールを開いていただき誠にありがとうございます!

このサイトの管理人、スケと申します。

妻と子供たちの5人家族で暮らす愛知県在住のごく普通のサラリーマン…

ほんの数年前まではそうでした

もっと家族との自由な時間を増やしたくて、海外から商品を仕入れ日本で販売する『欧米輸入ビジネス』を副業からスタート。

それから新たな物販ビジネスも習得しようと『国内せどり』と『中国輸入』にも目を向け、今では3つの物販ビジネスを総合的に実践することで毎月安定的に稼ぎながら、愛知県のとある田舎地方で他人の目を気にしないのんびり暮らしを満喫しています。

物販ビジネスは僕の性格に合っていて、今も楽しく実践しているのですが、今となっては少しずつ規模も大きくしていき、会社員時代には考えられなかった様な月収70〜100万円という収益を、完全個人の力で稼ぎ出す術を身につけました。

Amazonの売上画像なので、ヤフオク・ヤフーショッピングの売上もプラスし70〜100万円前後となります。

サラリーマンの流行語として例年トップに躍り出る言葉「副業」。コロナが蔓延した今の世の中、更に需要も高くなっているのではないでしょうか?

僕自身も、会社員として働いていた当時はクタクタで帰宅した後に、副業として毎日1~2時間ほどPC前に座っては眠たい目をこすりながら、月収10万円前後のお金をインターネットを使い稼ぎだしていました。

そんな再現性・即効性のある『インターネット完結型のビジネス』の魅力を、これから僕のブログをご覧になられたあなたにも、一からお伝えしていこうと思っています。

このページでは僕の詳細なプロフィールとしまして、

・今のビジネスに出会ったきっかけ

・現在に至るまでのストーリー

この2つについてお話していきますので、少しだけお付き合いいただければ幸いです。

今でこそ家族5人で何不自由なく暮らしていける収入を安定的に稼げる様になりましたが、ビジネスを始める前・また始めた当初は決してそのような思考はなく、かなりビビりで心配性な性格でした。。。笑

石橋を叩いて、叩いて、渡らない人間でした

石橋を叩いて渡る』という言葉があります。恐らくこの文章を読んでいるあなたも、一度や二度は耳にしたことがある言葉ですよね?

さてその意味とは、

『壊れるはずのない強固な石の橋を一応叩いて安全性を確かめて渡ることから、用心し過ぎるほど用心深くなること』

まぁ簡単に一言で言えば…『心配性』というやつですね。笑

しかし昔の僕はこのことわざを遥か通り越して『石橋を叩いても渡らない』というタイプの人間でした。

もっと言うと、石橋を叩いて、叩いて、叩き続けたらガラガラと目の前で壊れてしまい、

スケ

あっ、何度か叩いたら壊れた!ほらやっぱり渡らなくて正解だったんだ!

と違う意味で安心してしまうような人間でしたね。。笑

つまりは心配性を通り越して、積極的に実行すらしないというダメダメ人間だったわけです^^;

「極度の心配性」そのルーツをたどると僕が育った環境かと思います。

僕は今時なかなか珍しい5人兄弟の次男坊として生まれ、姉、兄、弟、妹がすべて揃っているという何とも恵まれた(?)環境で育ちました。

と、ここから僕の幼かった頃の話をしていきたいのですが、その前に

そもそもスケってどんな人間なん?

という声がそろそろ聞こえてきそうなので、まずは簡単に現在の僕のことについて5分ほど語らせてください!^^

スケってどんな人間なの?

改めましてスケと申します!

年齢は30代、既婚、現在の家族構成は、妻・子供(長男、長女、次男)の5人暮らしです。

日本地図のど真ん中に位置する、愛知県で暮らしています。

余談ですが愛知県でも僕の住んでいる地域では、何故か自転車のことをケッタ(ケッタマシーン)って呼びます。笑

名古屋周辺は味の濃い食べ物が多く、僕自身も日頃の食生活からか味の濃い料理は好きです。

好物はずばりラーメン、基本どのジャンルでも好きですが最近のマイブームは鶏白湯ラーメンです。

愛知県のおすすめラーメンとしましては、味仙の台湾ラーメンは一度食べてみて欲しいです。

(辛いの苦手な方は「台湾ラーメン、アメリカンで!」って注文してみてください。笑)

過去に2年半ほど焼肉屋でアルバイトをしていたこともあり、焼肉も大好きです。

『定食』という名の焼肉食べ放題のまかないが、当時は人生において1位2位を争う楽しみの一つでした。

(写真は特に大好きな「上カルビ」)

中学3年生まで奈良県に住んでたこともあって、関西人と話すとスイッチが入り関西弁で喋り始めます。

すでに長く愛知県に住んでいますので少し東海の方言交じりにはなってしまいますが、関西弁で喋ってる時の自分の方が頭が饒舌(じょうぜつ)になれるので好きです。

ただそんな僕の姿を見た妻からはよく

関西弁下手になってるから、無理に使わないほうがいいよ?

と的確にツッコまれ、よく凹んでいます。。涙

現在は、

欧米輸入、国内せどり、中国輸入、メルマガ、ビジネスコミュニティ、個人コンサルティング

と、ネットビジネス全般を手広く実践しています。

昔から友人や親戚から、

友人

スケは器用貧乏の日本代表みたいやね!

と言われてきたこともあってか、今のビジネスのあり方そのものが、僕の生きてきた人生を表しているのかなとも思っています。笑

ネットビジネスは副業から始めましたが、右往左往しながら約2年ほどで家族の生活費を賄えて、安定した暮らしが出来るほどの本格的な成果が出始めました。

正直結構辛い経験も多かった会社員時代でしたが、たった2年間の本気の努力で人生を変えて本当に良かったと感じています。

また人に何かを教えるのは割と好きな方です。

ご希望をいただければ、期間限定ですが個人コンサルティングもお受けしています。

※お受けしていない期間もありますし、誰でもお受けするわけではなく事前に審査はあります。ご興味がありましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

趣味は、書斎で読書・iPad・パソコンをいじること。冬はスノーボードにもよく行きます。あとは旅行・テレビゲーム・Amazon Prime(映画)あたりですね。自分ではさほど多趣味な方ではないかと思っています。

マイホームに籠るのも好きですが、パーっとあてもなく飛び出していくのも好きです。

愛しの子供たちを連れてドライブにもよく出かけたりします。

よく喋るようになってきた子供とゆっくり・しっかりコミュニケーションを取れるので、ある意味最高の趣味だと思っています。たいてい帰りに何か(お菓子・オモチャ)を買ってあげます。

僕の人生において一番に大切なものは間違いなく家族ですが、それ以外で必要不可欠なモノは、漫画・音楽・映画です。

もしかすると「漫画か~」と思われるかもですが、漫画も海外に誇れる日本の立派な文化です。僕は人生においての教科書だと思っています(作品にもよりますが)。

一息休憩する際の娯楽としても最高ですし、ビジネス・マインド面でも学べることが多いので、個人ビジネス実践者にも是非おすすめしたい趣味の一つです。

なかでも好きな漫画は、

ONE PIECE、東京喰種、ハンター×ハンター、ハイキュー、宇宙兄弟etc

もちろん話題の鬼滅の刃も1巻が初版で発売された頃から購読していましたが、初版全巻セットがヤフオクでなんと6万円を超えている時期があって、その時の欲に負けて売ってしまいました。後日、初版ではない全巻セットを新品で買い直したわけですが。笑

主に少年ジャンプ系が好きですが、他の雑誌でも関係なくまんべんなく読みます。データではなく紙媒体で集めるのが好きで、色んなジャンルに手を出してはつい全巻揃えたくなるのは悪い癖です。

好きなアーティストは、

Ed Sheeran、weezer、Green Dayなど。

Youtube Musicで、洋楽をランダムで流しながら仕事するスタイルが気に入っています。

J-POPも昔のものから最新の物まで幅広く聴きます。

今はサブスクリプションが充実しているので、好きな時に好きな音楽や映画が見れて便利な世の中ですね^^

副業ビジネスから独立を果たしてから人生で変わったこととしては、買いたいモノがあった時に我慢せずに買えるようになったこと。

ただ文字通り「自分の力」でお金を稼ぐようになってからは、特にお金のありがたみを感じるようになり、サラリーマン時代より無駄遣いをしなくなったことは自分でも意外でした。

(安くすぐ壊れる物より、高くても長持ちする物を好む傾向に変わりました)

あとはストレスが大幅に軽減され、とにかく気持ちに余裕が生まれたことですね。

個人ビジネスがスタートしてから特に大きな出来事としては、2018年に脱サラを果たすことが出来たことと、副業時代から本業以外に10万円前後の収入があったことで念願のマイホームを購入することが出来たことです!

マイホームは構造材や内装には結構こだわったので、家族だけではなく親族や友人にも大変ご好評をいただいております^^

ナチュラルな木目と吹き抜け空間が好きなので、リビングは開放感を意識してこんな感じに仕上がりました!

今ではソファーなどの大型家具も揃い、子供のおもちゃが散乱していることもあるので、これは完成直後で一番状態が良い時の写真となりますね、もはや懐かしい。笑

帰宅したら心から「ホッ」と落ち着くことの出来る、お気に入りのリビングです。

そして階段を上がった先には子どもたちの部屋と、更には僕だけのプライベート空間、いや僕だけの基地とも呼べる書斎(でかく書いたけど2畳の空間)があります!笑

これは僕にとってマイホームを建てる際の絶対条件であり、中高生の頃からの憧れ・目標の一つでもありました。ですので、建築の話し合いが何度かあった中でも必要性を問われましたが、絶対に引きませんでした!

書斎なんていらないでしょ?リビングの隅に小さいテーブル付けてあげるから、それで我慢してよ?

工務店の担当

書斎は~…正直いらないスペースじゃないですかぁ?w

ほんと我ながらこの会話は再現度高いと思っていますが、リアルにこんな冷たいコメントが飛び交う中一歩も引かなかったからか、呆れてか。笑

無事2畳のプライベートスペースをゲットしたわけです!!

おかげ様で今まさに誰にも邪魔されることなく、この詳細なプロフィールを集中して書くことが出来ているのでホント妥協しなくてよかったと思っています^^

ーーーーーー ここまで約5分 ーーーーーー

長々と書かせていただきましたが、いかがでしょうか?笑

僕がどのような人間なのか多少は感じていただくことが出来たでしょうか?

ここまでの内容で特にお伝えしたかったことは、副業時代には本業以外の収入があったり、勇気を出して果たした脱サラによって、会社員の固定給に頼らなくても物販ビジネスの月収で十分に生きていけることに気付けたこと。

そしてその後の人生に数々の選択の自由が生まれ、心にも生活にもかなりの余裕が生まれたということです。

さてここからは「石橋を叩いても渡らなかった」スケが、社会に出て働くようになるまでにどんな葛藤や出来事があったのか、またどうして輸入ビジネスを始め、個人事業主として起業するに至ったのか。

そのきっかけについてお話していきたいと思います。

父の偉大さを感じていた中学時代

僕の父は某有名K大学を卒業後、超大手企業Mに勤めるサラリーマン。そして母は家で5人兄弟の世話をする専業主婦でした。

母は小さいころからよく僕に言っていました。

あんたは心配性で危ない橋は渡らないから何も心配していないよ。好きなようにやりなさい。

兄弟の数は多ければ多いほど注意される機会や世話を焼かれる機会は分散されます。

(その分兄弟間でのケンカは増えますけどね!)

肝心の僕はというと何かあれば兄と姉の背中に隠れ、かたや弟と妹には兄として確固たるポジションをキープ。当時の母が言うように何事にも万全の体制で挑むことで、あまり干渉もされることなく好き勝手に成長していきました。

もちろん反抗期はありました。今思い返しても父や母には結構ひどいことを言いました。しかし子供だったその頃に唯一誇れる親孝行は、『悪の道』には決してそれていかなかったことですね。

自分で言うのもなんですが真面目でした。友人から誘われて隠れて煙草を吸うことも断り、夜遊びもほどほどに。毎日学校に通い、ケンカもせず、問題は起こさない生徒でした。

テストでは良くも悪くも普通の点数を取って、普通に進学していく真面目くんです。

しかし干渉も少なく自由に育った僕は、さまざまな選択肢を自分で選べることに甘えて幼少期からストイックに自分を追い詰めなかったのでした。

結果「どっちでもいいよ、任せるよ」が口癖の選択出来ない優柔不断な高校1年生の出来あがりです。笑

ここまではどこにでもいるようなごく普通の少年の成長過程ですよね?

この後僕が自分の将来を真剣に見直す一つのきっかけとなる『ある大きな出来事』が起きます。

【きっかけその1】父の突然のリストラ

それは僕が高校に入学したばかりのころでした。その当時は奈良県の高校に通っていて(入学から半年で愛知県へ引っ越すことになります)大阪の会社に通っていた父が珍しく、やけに早く自宅に帰ってきたのを今でも覚えています。

後日、父から家族に話がありました。

お父さんは今の仕事を辞めることになったけど、お前たちは何も心配しなくていいからな。

流石に突然すぎる告白と、両親の口論に「ん?これから結構ヤバくない?」とは一瞬感じましたが、当時高校生になりたての僕は、お金を稼ぐことの大変さもさほど知らなかった為、父がリストラされた『ことの重大さ』をそこまで深くは感じていなかったんです。

正直今になってその頃の感情ははっきり思い出せませんが「また次の仕事を探せばいいだけでしょ?」ぐらいに感じていたんだと思います(^^;

今となっては僕自身が40歳も見えてきて3児の父になり、その時は父のリストラでどれだけ家族が危機的な状況に陥るのかが想像できます。

本来は父親一人の収入で7人の家族が毎月食べていかなければいけないのです。その他にも水道・光熱費等の固定費ももちろんあります。様々な生活費が引かれていく中、突然収入だけがストップするという恐怖。。。

日々仕事に汗を流すサラリーマンの方にとって、50歳妻子持ちのサラリーマンが突然会社からリストラ宣告されるということが、どれだけ大きな変化だったのか想像できるかと思います。

その当時は教えてくれなかったのですが最近になって母から聞かされた話では、当時父は月収50〜60万円ほどの高給取りだったそうです。ボーナスも入れると大体見積もって年収800万円程度でしょうか?

思い返すと正直そんなに貰っているような生活は送れていなかったので、給料の大部分を接待ゴルフに費やしていたのではないかと思います。

しかし一度だけ会社見学に連れて行ってもらった時、父の働く高層ビルの窓から見える景色には感動しました。

その時大企業で働く父に『理想の大人像』を重ね、

子供のスケ

父はこんなに大きな会社で働いているんだ。自分もいずれはそうなりたいな。

と、漠然とした大きな憧れを抱いた事を今でも鮮明に覚えています。

因みにそのビルの中に小さな本屋が入っていて、ONE PIECEの記念すべき第1巻(初版)を購入しました。僕の『漫画道』が始まるきっかけでもあります。笑

出典:ONEPIECE コミックス1巻より

リストラされた父はその後、当時の仕事仲間や仲の良かった取引先の協力もあり、すぐに次の職に就くことができたようですが、月収は半分以下の25万円ほどまでに落ちたと言います。

その後も自分で会社を立ち上げるも失敗し、すぐにまた違う仕事を始めたりと…

当時は大企業のエリートサラリーマンとしてバリバリ働く営業マンでしたが、仕事の規模も小さくなり家族の為に試行錯誤を繰り返す中で徐々に小さくなっていく父の背中

社会的な力を持っていない当時の僕はただただ何もできず見守ることしかできませんでした。

有名大学を卒業し、一流企業に入ってまさに『幸せのレッドカーペット』の上を歩くことを約束された様な人間が、ある時こんなにもあっさり首を切られてしまい、人生が180度変わってしまう可能性もあることが会社員(サラリーマン)の怖いところです。

この母の話を大人になってから詳しく聞いた時、会社に依存することのリスクを感じたと同時に会社に依存せず自分でお金を生み出す力の必要性を強く感じた瞬間でもありました。

サラリーマンのはじまり

リストラが原因ではないですが、純粋に友達とカラオケやボーリングなどで遊ぶお金が欲しかった僕は高校時代からアルバイトをやっており、同級生が部活に汗を流す傍らでせかせかと飲食店などで働いていました。

・ハンバーガーショップ ⇒ 3年

・ピザの配達      ⇒ 6カ月

・郵便配達       ⇒ 3カ月

・個人経営の焼肉屋   ⇒ 2年半

・スーツの販売     ⇒ 1年半

これまで僕が経験してきたアルバイトです。我ながらよくこんなに色々と手を出したものだなと思います。

それからアルバイトの接客経験を活かして23歳にして旅行代理店の営業職に就きました。

初めての正社員です!

しかしここからアルバイトと正社員の違いを痛いほど味わう日々の始まりでした。

プロフィール始めの方で記述した様に、僕は『石橋を叩いて渡らない』人間でしたよね?笑

働き始めの新人なんて失敗することは当たり前。果敢にチャレンジしないと実務経験は積めないというのに、慎重派で失敗を恐れる僕は『チャレンジをしない = 仕事が出来ない新人』という、チキンな会社員生活を送ることになっていったのです。

当然、営業職でしたのでそんな甘い世界ではありません。

いかつい上司(外見ジャイアン)に毎日のように怒鳴られ胸ぐらをつかまれたこともありました。

周りを見れば同期や高校の同級生たちは順調にキャリアを積み幸せそうな日常を送っている様子。

きっとみんな職場では色々な失敗や経験を経て成長していたのであろうことなんて考える余裕もなく、つい自分と周りを比べてしまい、いつしかフェイスブックなどで友人の幸せな顔を見るのが嫌になっていましたね。

【きっかけその2】ブラック企業時代

僕は正社員として3社経験してきました。

・旅行代理店(営業)

・酒類配送センター(営業・配達)

・医薬品会社(配達)

理由は違えど間違いなく言えることは、すべて共通してブラック企業と呼べる会社でしたね(^^;

その中でも、一番直近で働いていた会社のある一人の上司(課長)に言われた言葉がきっかけで、重い腰が上がり本腰を入れて副業をやり始めることになるのですが、その言葉とは以下の内容でした。

給料を増やしたいなら自分が正しいと思っても、逆らわずに上司の言うことを聞け。上の人間に気に入られることが全てだ。そうやって上手くやって役職をもらうことが出来なければ、きっとお前は50歳になっても給料の手取りは30万円止まりだぞ。

まさに漫画の様な本当の話です。言われた当人としてはかなりの衝撃でしたよ。。笑

父の背中を見て思い描いていた理想のビジネスマン像が、ガラガラと音を立てて崩れる瞬間でした。また父も日頃、会社からの圧力を感じながらも必死に家族を養っていたんだな…と少し申し訳なくもなりましたね。

僕自身も劣悪な環境で働きながら「努力していればいつかは報われる、、はず」と信じていましたが、目の前に広がる現実を分かっていながら見ようとしていなかっただけなのかもしれません。

働いていた会社のどこも共通していたのが、たまーにしか顔を出さない部長や次長は高級車を乗り回し、僕ら平社員はというとほぼ全員が安い普通乗用車や軽自動車で通勤していたこと。

なんと最後の会社では7年ほど働いていたのですが、一度も直接社長の顔を見たことがありませんでした(^^;

お金を頂いているお客さんならまだしも、尊敬できない上司にヘコヘコ頭を下げたくありません。そんなことをしないと昇給出来ないなら「一生平社員でいいや」と半ば諦めていたぐらいです。

先ほどの言葉を言われた時から、僕の中のやる気スイッチがカチッと音を立ててオンに切り替わり、副業を本格化させるきっかけにもなりましたので、ある意味いつまでもウジウジしていた自分を覚醒させてくれた『ありがたーいお言葉』でもありましたね!笑

輸入転売との出会い

さて、思考の改革が進んだ後は新たな道の模索です。早速『サラリーマン 副業』と検索して何から手を出すべきか見ていく中で、まずは王道の『せどり』から始めてみました。

僕のブログにたどり着いている時点でおそらく『せどり』が何かは知っているかとは思いますが一応説明すると、せどりとは、市場相場より安く買えた物を、市場相場以上の価格で販売することにより利益を得るという非常に単純明快で、副業にもオススメできる初心者から参入しやすいビジネスモデルです。

国内でも大きい・重たい商品を発送すると、何かと経費がかさむイメージだったこともあり、僕の中では『小さくて軽い物』を取り扱うことがベストだと思っていました。

そうなるとやはり本やDVD、つまりはブックオフだろう、と。

今思うとかなり安易で誰にでも思いつきそうなことですよね。笑

マンガ、DVD、フィギュアなど僕自身が少しでも興味を持てて、かつAmazonで売れそうな物を中心に近所のブックオフを探して回りましたが、そう簡単に儲かる商品は見つかりませんでした

そう、正しいやり方も知らないのにいきなり自己流で実践しても何も見つかるわけがないんですね。

全然儲かる商品を見つけることが出来ず時間ばかりが過ぎていき、

当時のスケ

お金を稼ぐのって簡単じゃないんだな…

と、ありがちなセリフを吐きながら、早くもモチベーションが下がりつつありました。

また店舗せどりが、まさかこんなにも店員やお客さんの視線が気になるものだとは実践する前には思いもしませんでしたね。

店舗を回るのがだんだんと嫌になっていき、早くも最初の挫折です。

再びパソコンで調べる日々が始まり、今の自分に何か合うビジネスはないかと無料レポートを読み漁りました。(たしか40~50本ほどは読んだと思います)

その中に『北米版アニメDVD』(今騒がれているマレーシアDVD輸入ではありません)の輸入転売という物があり、軽く小さな物と言う条件にも当てはまり、非常に興味が湧きました。

スケ

何か『輸入』って響きがカッコいいし、面白そう!

と思い実践してみたところ…

すぐに1つの商品を販売でき1,000円ほどのお金を稼ぐことが出来ました!

たったの1,000円。されど僕にとっては記念すべきちゃんとした初利益、第一歩です!

海外のサイトから初めて物を購入したことと、少額ながら自分の力で利益を出せたことがとても嬉しく、低利益でしたが『北米版DVDせどり』にしばらくハマっていましたね。

今思うとかなり利益額は少なかったですがいい練習にはなってましたし、この経験が国内と海外で商品に価格差があり、その利幅によりお金を稼ぐことが出来る『輸入ビジネス』との運命の出会いに繋がっていくのでした。

マインドブロックの崩壊、利益は三桁へ

それから感覚を掴んだ僕は数点を追加輸入して販売し、割とすぐに5,000~1万円ぐらいは稼ぐことができました。

当時ブックオフでせどり中に商品が見つからず、半ばやけくそでマンガを立ち読みして帰っていた自分からしてみれば、かなり大きな一歩前進です。笑

ここまで読み進めてくれている方にはご存じの通り、僕はとても慎重な人間でしたので「ちゃんと需要のある商品を仕入れれば儲かる」と分かっていても、大きな勝負は出来ずにいました。

そこにはチャレンジしたくても踏み出せないマインドの壁『マインドブロック』が間違いなく存在していたんです。

しかし「いつかは脱サラして自由な人生を手に入れてやる!」と心に決めていた僕は、このままでは【脱サラどころか月3万円も稼げない】ということに気づき、そこで思い切って自分を変えるために動き出します。

そう、初めて有料教材を購入してみたんです。それは価格にして27,000円で『eBayを使った輸入転売のノウハウ + 簡易コミュニティ』という内容の教材でした。

そのコミュニティに入り色んな人のコメントを見ていく中で、個人ネットビジネスで会社員の月収以上を稼いでいる様な人が世の中にはゴロゴロいるという衝撃的な現実を僕は知ることになります。

月収20万円を毎月会社から貰い、上司に意味のない媚びを売る生活をしていたらきっと一生知りえない事実です。自分と同じく本業以外に収入を得ようと、真剣に毎日PCと向き合いビジネスに取り組んでいる人達が、こんなにもいるのだと感動しました。

それからというもの「まずは有料教材の料金分である3万円の利益を目指そう!」と目の前に簡単な目標を立てて、仕事の休憩時間や帰宅して子供を寝させてからの時間を利用して、1日約2時間ほどひたすらeBayオークファンを横断して商品リサーチに明け暮れました。

以前の北米版DVD仕入れの時には躊躇していた僕ですが、今回はもう『イケイケマインド』です。利益率・利益額の確認をして少しでも需要があり儲かると思った商品は迷わず購入するようにしました。

教わったコンテンツ自分の商品リサーチとにかく信じてみたのです。

結果、な・な・なんと2ヶ月後には月収を1万円 ⇒ 5万円と大きく伸ばすことができたんです!

その後は今現在もビジネスを教えてもらっているメンターと知り合う機会があり、一気に利益が加速しました。

そのメンターの運営するコミュニティに入って、メンバーとも切磋琢磨しながら3ヵ月後には念願だった月収10万円を達成。そしてコミュニティ第一期が終わる頃には、月収15万円を達成。

そして2018年、月収にして65万円を達成し堂々と脱サラを果たすことができました!

副業で月利10万円を達成してからの僕は、とにかく余裕が生まれましたね。

お小遣いが月に5,000円程度しかなかったので、以前は何かと節約のことばかりを考えていたのですが、会計のたびに財布の中身を気にすることなく食べたい物を食べ、着たい服を着ることが出来るようになったのです。

輸入ビジネスで稼ぐ

生活が充実していく

日々のモチベーションも上がる

さらに輸入ビジネスを頑張る!

更に生活が充実…

この様なサイクルに入るともう止まりません。ビジネスが楽しくて辞められませんね。笑

会社で多少の凹むことがあってもあまり気にしなくなったということが、当時は一番大きな気持ちの変化だったと思います^^

ビジネスを始めた頃のまだ数千円しか稼げない自分に、もし何かメッセージが送れるならば僕は間違いなくこう言います。

スケ

成功している人からしっかり学んで、教えてもらったことを信じて、とにかく毎日実践しなさい!

そうなんです、当時の僕に限らず成果を出せずに悩んでいる人も最初に心がけることは本当にこれだけなんですね。

正しいやり方で、時間をかけて、明確な目標を立てて、しっかり継続すること

これだけを守っていれば輸入ビジネスだけでなく、どんなビジネスでも成功することは出来るのではないかと思います。

あくまで自信やまとまった利益というものは、後から付いてくる副産物でしかないんですね。

僕が欧米輸入ビジネスを実践する理由

一つにはインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも実践できるということです。

同じ物販ビジネスでも『せどり』では、お店が閉まっている時間帯(例えば21時以降など)は商品の仕入れができませんよね?(電脳せどりというインターネットから仕入れる方法もありますが)

しかし輸入ビジネスは基本インターネットさえ繋がれば実践できるビジネスの為、空いた時間を有効活用することができて、特に副業から始めるビジネスとしては最適な条件が整っています。

お店の人の目を気にすることなく好きなだけパソコン画面とにらめっこしながら、商品リサーチできるのも輸入ビジネスの強みです。じっくりと儲かる商品かどうかを精査することが出来ますね!

二つ目に、簡単に外注化が可能という点です。

海外から商品を仕入れて国内で販売する輸入ビジネスは、商品リサーチや国内での梱包・発送という時間のかかる作業を外注化しやすい点でも非常にオススメできます。

今では僕も商品リサーチや梱包・発送の外注化を進め、自分の手なら5~6時間はかかる作業を自分が寝ている間でもご飯を食べてる間でも、全自動で進めてもらえるのでとても助かっていますね^^

また三つ目の理由としては、輸入ビジネスは『即金性』があります。

例えば同じネットビジネスでもアフィリエイトはよく名前があがりますが、ブログやサイトを構築し環境が整ってから収入が発生するまで最低でも3~6カ月はかかると言われています。

僕の場合は物販ビジネスとなりますので、売れる商品が手元にありさえすれば、最短で売れた後5日後に入金なんてこともあります。即金性があると、ビジネスをやっていく中でお金を身近に感じることができ、それがモチベーションアップにもつながりますね!

そしてそのお金とモチベーションが次の行動に変わり、実践した分だけお金を稼ぐことが出来る様になるというわけですね。

正直なところ僕には他の人と比べても特別優れた能力などはありません。

自慢じゃありませんが高校時代に1回だけ数学のテストで0点を取ったこともあります(^^;

しかしそんな僕でも、輸入ビジネスは利益が発生するまでの流れを正確に理解し、実践することで数年間稼ぎ続けています。つまりノウハウさえ確立してしまえば、誰でも稼いでいくことが出来るはずです。

現在は数名のコンサル生にビジネスを教えながら、マイホームでのんびり子供との時間を楽しむ毎日です^^

以上が僕の経歴から輸入との出会いまでの話になります!

おっと、気づけば1万文字を越えていましたね。笑

長々と最後までお付き合いをいただきありがとうございました!m(_ _)m

終わりに 副業でも独立志向でも『輸入ビジネス』はおすすめ

時間がないから副業なんてどうせ実践できないよ

と言っている子育て世代のサラリーマンには、特に輸入ビジネスを実践してもらいたいですね。

なぜなら僕も当時、1日に空けられる時間はそう何時間もありませんでしたし、良いメンターと知り合えてからは「時間が無いは言い訳、時間は自分で捻出するもの」という教えの元、日々それを自分に言い聞かせながら実践を重ねた結果、願いを一つ叶え今に至ります。

また英語力に関しても当時TOEICの点数は550点ほど。正直いい点数とは言えませんね。笑

(輸入をずっと続けてるので今はもう少し取れるかも^^)

しかし世に働くサラリーマンの気持ちは誰よりも理解しています。

日曜日の夕方にサザエさんを見ながら憂鬱になる生活はもうやめましょう!

(サザエさん症候群という名前だそうですね)

それよりも日曜日の午後に「来週は何が売れていくのかな」と自分の商品ラインナップを見てワクワク、ニヤニヤする人生の方が楽しくないですか?笑

超がつくほど心配性で、ビビりだった僕が

これまで何も挑戦してこなかった僕が

そんな僕が、海外オークションサイト『eBay』から、数万円する商品を一切の躊躇もなくガンガン買い付けが出来るように変わったのです。このメッセージを読んでくれているあなたも、きっと同じことは出来るはずです^^

このブログも、

残業代で稼がないと生活できない

という子育て世代のお父さん方が、もっと子供と過ごす時間を増やせるサポートをしたいという信念の元で情報を発信しています。

毎月固定の給料以外に10万円の副収入を増やして、心にも懐にも余裕がある幸せな毎日を送るサポートをもしよければ僕にさせてください^^

今回僕のメルマガにご登録いただいた方にはもれなく無料レポートとして『eBay輸入ビジネスの教材』をプレゼントしています。

先の見えないサラリーマン社会から抜け出し、今後の人生を変えていきたい思うのであれば、まずはその第一歩として下記の画像もしくは、下のボタンをポチっとしていただき、お名前とメールアドレスを入力してみてくださいね。

ネットビジネス初心者から実践経験者まで、すべての人が分かりやすく読み進めることが出来る様に細かく作り込みました。(よって少し長くなってしまったコンテンツもあります)

全くの初心者の方にでも『輸入ビジネス』というものを知っていただき、実践したくなるきっかけになれればと思い制作したものです!

レポートの内容だけでも副業で十分『お小遣い以上の金額』は稼いでいただけるのではないかと自負しております。(実は無料の域を超えて、かなりのボリュームになってしまいました…!)

言いたいことが多すぎてレポートだけではお伝えできなかった部分も、メルマガを通じてこれからどんどんお届けして行く予定です!もちろんメルマガ・無料レポート共に、最新の情報を随時アップ・更新して行きますので是非お楽しみに^^

無料レポートは僕が今実際に実践していて、本業の傍ら10万円の収入を得ることが出来るノウハウを盛り込み、なるべく内容の濃い物に仕上げたつもりですので、是非名刺代わりに一読をお願いいたします。

それでは僕の詳細なプロフィールに最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!^^

次はメルマガでお会いしましょう!