ヤフオク!で『違反申告』された!慌てずに対応する為の知識

      2017/11/20

 

どうもこんにちは、スケです。

 

このページをご覧になられているということは、

 

おそらくヤフオク!上で見知らぬ誰かから

違反申告を受けてしまったのだとお察しします。

 

 

ヤフオク!で販売をしていくと遅かれ早かれ

違反申告』を受ける場面が出てきます。

 

 

「自分は違反なんてするつもりないから関係ないよ!」

 

と思っている方も思いもよらぬ角度から違反申告を

受ける場合がありますので、

 

いざその時が来た時に慌てることのない様

知識は蓄えておきましょう(^^)

 

 

今回は、

 

違反申告とはそもそも何なのか?

ということから、

 

違反申告に関して知っておいた方が良い知識について

 

僕の実体験も混じえながら

解説していきたいと思います。

 

 

違反申告という不安要素があっても、

 

僕がヤフオク!で販売を続ける4つの理由

ついてはこちらをご覧ください。

⇒ ヤフオク!販売を選ぶ理由

 

 

 

違反申告とは?

 

まず違反申告とは何かということです。

Yahoo!側からは以下の様な説明があります。

 

Yahoo! JAPANの利用規約ならびにガイドラインに違反すると思われる出品を見つけたら、以下の手順でYahoo! JAPANに連絡してください。連絡の内容にもとづいてYahoo! JAPANが確認し、違反と判断した場合は削除します。

なお、申告に対する個別の回答は行っていません。また、申告に対して、Yahoo! JAPANが削除をお約束するものではありません。ご了承ください。

ヤフオク!ヘルプ参照)

 

 

つまりは

 

Yahoo!の規約・ガイドライン違反者を見つけたら、

 ユーザーがユーザーを個別に訴えることが出来る

 

という制度。

 

少年A
先生(Yahoo!)!、〇〇くん(出品者)が悪いこと(規約違反)しています!

 

簡単に言うとこんな感じ(笑)

 

 

しかし実際に違反申告を受けると

そんな軽いノリでは済まないんですね(^^;

 

 

 

違反申告をされると…?

 

ユーザーから違反申告をされると、

Yahoo!より登録メールアドレスに通知が来ます。

 

 

 

僕も初めて申告をされた時は、

 

上の画像の様にお口あんぐり状態…

とまではいきませんが。笑

 

正直かなりビックリしました(^^;

 

 

まるで自分が犯罪者にでもなったような気分です。

 

その後、ヤフオク!パトロールに通達がいき

ほどなく調査が入ります。

 

調査といってもこちら側は何もする必要はありません。

 

 

結果「規約・ガイドライン違反である」と判断されれば、

商品ページ削除などの措置がとられます。

 

でも「違反ではない」と判断されれば、

商品ページ削除どころか何も起きることはありません

(赤色でと表示が残るので何か嫌ですけど)

 

 

ただし本当に規約違反をしてしまっていたら

他に出している商品ページの削除や、

 

最悪の場合Yahoo! JAPAN IDを削除

されてしまうことも…

 

 

ヤフオク!アカウントのサスペンド(凍結)

 

それだけは絶対に避けたいですよね?

自分の身は自分で守らなければいけません。

 

 

 

 

違反申告の種類

 

ユーザーが違反を見つけて実際に申告をしようと思ったら、

 

ヤフオク!の商品ページ内、セラー情報の下にある

違反商品の申告』という部分をクリックして

 

全部で15個ある項目から違反内容を選択し、

その後細かく内容について記述していきます。

 

 

自分の身を守るためにこの15個の内容については

出品者側も必ず把握しておく様にしましょう!

 

 

【 違反申告の項目一覧 

 

 

 

・無修正ビデオや児童ポルノ

・医療機器

・ヤフオク!外での取引誘引

・改造エアガンなどの武器

 

上記は気をつけて入れば手を出さない物ばかりですが、

 

万が一手を出してしまうと一発でアカウントが削除

となる可能性がありますので注意が必要です。

 

そもそも児童ポルノ武器の販売なんて重罪ですからね(^^;

 

 

違反申告一覧の中でおそらく最もよく見られるのが、

 

偽ブランド品など第三者の権利侵害が疑われるもの

という内容の申告です。

 

 

これは明らかな偽物を出品してしまったときや、

 

販売する権利を独占している『商標権保有者』がいる場合に

申告される内容となってきます。

 

 

また偽物の販売はかなり高確率で発見されて

詳しいセラーやパトロールに違反申告をされてしまいます。

 

 

僕のブログから輸入ビジネスに興味を持ってくれたのに

偽物販売や違反で販売停止なんて悲しいので、

 

偽物を掴まされない為の知識も合わせて

必ず見ておく様にしてくださいね。

⇒ 輸入ビジネスで偽物を仕入れない為の予防方法

 

 

さてここで1つ実例を紹介しておきますね。

 

 

 

米コンバースは輸入販売禁止!

 

超有名スニーカーブランドとして誰しもが知っている

コンバース(CONVERSE)』ですが、

 

実は米限定のコンバースを販売目的で輸入すると

税関で差し止めされてしまいます。

 

 

運良く輸入出来たとしてもヤフオク!で販売すると

上記で解説した『第三者の権利侵害』となり、

 

Yahoo! JAPAN ID削除の対象となってしまいます。

 

 

「Nikeやアディダスは良くて、

どうしてコンバースは権利侵害?」

 

って思いますよね?

 

 

 

実際調べてみないと分からないことだったりしますが、

 

日本国内で米限定コンバースを販売する権利は、

商標権を保有する『伊藤忠商事』にあるんですね。

 

つまり先ほどの第三者伊藤忠商事ということになります。

 

 

米コンバースと日本のコンバースはすでに

別企業として成り立っているので商標権もそれぞれ別。

 

海外限定のコンバースシューズを

国内で許可なく販売することは、

 

本物のコンバースシューズなのに

伊藤忠商事の商標権侵害となるわけです。

 

 

実際に僕も知らずに一度だけ米限定の

コンバースシューズを輸入したことがあります。

 

 

1足で6,000円ほど純利益が出そうな商品で、

 

3足仕入れることができたので

ウキウキで早速ヤフオク!に出品したところ

 

1時間ほどで違反申告が何件も…(^^;

 

 

正直かなり「むむむ!」っとなりました。笑

「自分は違反なんてしてない。ただの並行輸入商品なのになぜ?」

 

ってその時は考えていました。

 

 

とりあえず何件も申告が来たこともあったので

出品を取り消して調べてみたところ、

 

上記の理由により販売不可となってしまいました。

 

 

無事販売できれば取れた利益18,000円

諦めるしかなくなったわけです。

(その後、リサイクルショップがほぼ仕入れ値で

引き取ってくれたのは不幸中の幸いです)

 

 

同じ商品を出品していたヤフオク!セラーのIDが

どうなるのか観察していたところ、

 

後日削除されてしまったのが確認できました。

 

 

もし自分も出品を取り消さなければ同じことに…

 

と思うと今でもゾッとする怖い話ですね(^^;

 

 

今でもこのことを知らずに米コンバースを

輸入して出品してるセラーはちらほら見かけますが、

 

みんながやっているから大丈夫

 

という感覚で手を出すのが

一番危険なので気をつけましょう。

 

 

 

違反申告をされた時の対応方法

 

違反申告をされた時、まずは第一に

どの内容で申告が来ているのか確認するべきです。

 

・タイトルや商品説明欄に規約違反となる文章を

 載せてしまっていないか?

・偽物の商品と知っていながら販売していないか?

 

 

重要なのは自分が、

何について違反申告をされているのかすぐに調べることです。

 

 

かなり高い確率で実例が出ていますので、

 

・○○(商品名やジャンル) ヤフオク 違反

・○○(申告の種類) 商品名

 

すぐさま上記の様に検索して情報を集めましょう。

 

その後は状況に合わせた対応が必要となってきます。

 

 

違反申告をされる状況は様々ですが、

長くなってしまうので別記事にまとめました。

 

下のリンクより合わせて確認しておいてください。

ヤフオク!違反申告の種類と対策方法まとめ

 

 

 

違反申告は誰でも出来る

 

違反申告をするためには特に条件がなく、

 

ヤフオク!参加者であれば誰でも出来てしまう

ということがかなり厄介なところです。

 

 

そして時には全く身に覚えのない場合でも

申告をされることがあります。

 

たまにあるのが同業者からの嫌がらせですね。

 

 

例えば商品リサーチで利益の取れる商品が

見つかったとして、

 

・ニッチなジャンル

・そこそこ需要がある

出品者が1人だけ

 

という条件のほぼ独占販売商品があったとします。

 

 

いわゆるマイナージャンル・ニッチなジャンルの美味しい商品

 

そこに参入することは決して悪くないですし、

人気が出ている商品だったらむしろチャンスですよね

 

 

しかしいざ参入した時に独占してる販売者からすれば

ライバルが増えて売上を取られることが嫌なので、

 

参入者を排除するためにわざわざ違反申告をして

出品の取り下げを求めてくるんですね。

 

 

違反していないのに不安を煽りまともに

出品できないように邪魔してくるわけです

 

 

輸入ビジネスでライバルが多いと感じる場合は

こちらの記事にも目を通しておいてください。

⇒ 輸入ビジネスにおいて他の実践者に埋もれないようにするには

 

 

僕も似たような状況の商品に参入してみたことがあります。

 

某有名ゲーム機の海外仕様モデルでした。

現在の出品者は一人。

 

しかも過去に売れた相場から見ても今の出品者は

かなり値段を釣り上げている印象だったので、

 

妥当な価格で出品してみたわけです。

 

すると毎日のように違反申告がくるんですね

 

 

内容は、『偽ブランドまたは第三者の権利侵害』

 

当然こちらは何も悪いことしていないので

嫌な気にもなりますよね(^^;

 

で、「僕の商品が違反ならあなたも違反でしょ?」

と1人だけいるライバル出品者にも違反申告をしてみたんです。

 

するとなんと、僕の出品している全商品に対して

報復の違反申告をされました(^^;

 

完全に嫌がらせの申告だったことを

わざわざ相手側が教えてくれたんですね。

 

厄介な人との関わりは嫌なので、

それ以上はやり合いませんでしたが…

 

「ヤフオク!にも血気盛んな人がいるもんだなぁ…」

と呆れる思いをした経験でした。

 

 

 

最後に

 

違反申告をされたとしても判断するのはYahoo! JAPANです。

すべてYahoo!の采配1つで結果が変わります。

 

ですので基本的にYahoo!側のルールを守っていれば

違反申告をされることはほとんどありません。

 

 

真面目にやっていれば問題ありませんので、

 

同業者からの嫌がらせにも

動じることのないようにしましょう。

 

 

ちなみに身に覚えのない違反申告

調べた結果絶対違反ではないと判断した申告

 

無視してしまっても大丈夫ですよ

 

 

焦って商品を削除して販売の機会を

奪われるなんてもったいないです。

 

自分の商品をウォッチリスト登録して

見てくれている落札者もいるわけですから。

 

 

商品ページを削除するかどうかは自己判断となりますが、

しっかり身を守る知識はつけておきましょう!(^^)

 

 

 

今回の内容は以上となります!

 

 

違反申告の対策などは保守的な内容となりますが、

ガンガン攻める気持ちも大事ですよね!

 

そこで他にもeBay輸入ビジネスの知識や経験を

昇華させていけるコンテンツとして、

 

輸入品を見つける商品リサーチの方法

効率の良い作業時間の作り方・スキマ時間の活用方法

ビジネスに必要不可欠なマインドセット

その他トラブルに関する知識

 

上記のコンテンツをひとつひとつ分かりやすく解説してまとめた、

 

輸入ビジネスを始めた人・始める人に向けた教科書

DREAM DECKを現在無料にて公開中です。

 

 

4つある特典のなかの1つ『リサーチ商品添削権』では、

あなたが見つけてきた儲かる商品を3つまで僕が添削いたします。

 

「これ仕入れても大丈夫かなー?」

と首をかしげてしまう商品がもしあれば、

 

メルマガ登録者様限定ではありますが、

シッカリと添削しますのでぜひご活用ください。

 

 

気軽にポチっとメルマガに登録してみてくださいね!

ご不要でしたら簡単に解除が可能です

 

ではでは!

 

 

↓↓↓メルマガ登録で特典付の教科書をゲット↓↓↓

 

 - 準備・予備知識 , ,