〜eBay輸入ビジネスで貯金ほぼゼロからマイホームを建てたスケのブログ〜

MyUS×AMEX(アメックス) 転送料金30%割引を受ける方法と転送のコツ

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

 

こんにちは、スケです!

 

今回の内容は、転送会社MyUSの登録を済ませてからのお話となりますので、先にMyUSの登録を済ませてから読み進めてくださいね!

 

MyUSでFedEX・DHL・UPSを利用した際に国際送料を30%オフにする方法と、商品をなるべくコスパよく日本へ転送するコツについて解説していこうと思います。

 

※現在、MyUSには『Budget Economy/Express』という格安の配送サービスが登場しています。

 

Budgetには今回の割引サービスが適応されず、正直クオリティも大手3社と大差ないです。また最終的にFedEXが自宅まで配送してくれることを考えて、Budgetの活用をオススメはしております。

(Budget Economyに関しては同じ商品だけを同梱できるという仕様なので注意が必要です)

 

ただし、今後Budgetのサービスがずっとある確証もないです。少し割高な大手3社を今後どうしても選択しなければならなくなった時のために、今回の割引は受けておいたほうがいいので最終的に割引は受けないとしても登録だけはしておきましょう!

 

 

AMEXカードの登録でMyUSの転送料金30%割引キャンペーン

決して裏技というわけではないですが、転送会社でMyUSを利用する場合に限って、FedEX・DHL・UPSの大手3社の国際送料を大幅に値下げする方法があります。

 

その方法とは、

AMEXカードを用意して、MyUSからの費用(国際送料+会員費)の支払い用カードとして登録する

 

たったこれだけです!それだけで以下の特典を受けることが出来ます。

amex0

 

・20$の登録料を免除

・年会費が2年間無料(120ドル分)

上記2つもかなり嬉しいですが、特にFedExDHLUPSの国際配送大手3社国際送料が30%割引されるという特典が非常に大きいですね!

 

ちなみにこの登録にデメリットはほとんどありません

・無料のAMEXカードはポイント還元率が低い⇒MyUS活用でのポイント加算には期待薄

・カードの請求が使用月の翌々月になる(これはメリットですかね笑)

 

強いてデメリットを挙げるならこれぐらいでしょうか?この30%割引を知らずに、MyUSでDHLやFedEXを選択して転送を繰り返す行為は、長いスパンで見るほどかなりの金額を損していることになります

 

 

【2018年9月 追記】AMEXの割引キャンペーンが終了??

最近僕のコンサル生やビジネス仲間の間でも話題になっていますが「MyUSで割引キャンペーンに少し見直しがあったのでは?」との噂が流れています。

 

確かに30%という大きな数字を見ると、期間限定で付与される割引サービスと言われても不思議ではありません。現に英語版のAMEXカードのキャンペーンページを開いてみると、

・最初の発送(FedEx・DHL・UPS)について20%の割引を適用

・その後2年間は15%割引を適用

というような内容が書かれていますね。

 

しかし一方で日本語のキャンペーンページには、先ほどのリンクにもあったようにAMEX割引30%のままです。

 

キャンペーンの適用を断られただの、「他の人が適用されているのに」と少しごねたら通っただの色々と噂は耳にしますが、僕のコンサル生がAMEXカードを登録後に日本語キャンペーンのページをMyUSに送り普通にキャンペーンの通り30%オフが適用された例もありますので、必ず登録するタイミングでキャンペーンページの内容が ”まだ生きているか” をMyUSに連絡するなりして確認するようにしてくださいね。

 

また「登録したけどキャンペーンが断られた…」という方は、ぜひ僕に経緯と結果を教えてください。

AMEX日本語キャンペーンページ

スケにメッセージを送る

 

 

支払いカードをAMEXに変更する方法

それでは続きで、MyUSでかかった費用の支払いカードとしてAMEXカードをMyUSに登録する手順を解説して行こうと思います!

 

MyUSのトップページ右上の『My Account settings』をクリック。

 

左のメニューから『Payment Method』をクリック。

 

Credit Cardの横の『Edit』をクリック。

amex2

 

用意しておいたAMEXカードの情報を登録していきます。登録が終わりましたらトップページへ戻り『HELP』をクリック。

amex3

 

Need More Help? Send a message.』をクリック。すると右側にメッセージを作成する画面が出てきます。

amex4

 

一番上『Select a Topic』には『credit card verification process』を選択していきます。

 

あとは、

・First Name(名前)

・Last Name(苗字)

・Suite Number(メンバーコード)

・登録メールアドレス

・Countryで『JAPAN』を選択

と順番に入力していきます。

 

SuiteナンバーはMyUSトップページの右上にある商品を届ける際のアメリカ住所に記載されている6桁の数字です。

 

【Additional Comments(MyUSに送るメッセージ)は以下を参考にしてください】

I changed my payment credit card to AMEX card.

I think you have done a campaign like this

http://www2.myus.com/amex.

Can I adapt from now?

 

AMEXカード登録したので、このキャンペーン割引を適用してね

という内容ですね^^

 

右側のSecurity Codeを入力して、『Submit』でメッセージの送信は完了です。数日経過したら、割引が適用されているかを確認してみましょう。また登録から2年が経過して再度キャンペーンを適用させる際にも、同じ方法でMyUSに問い合わせてみてくださいね。

 

 

割引適用の確認方法

再び『My Account Settings』から『Membership profile』タブ内の『Membership Type』をクリック。

amex5

 

上記の様な表示になっていればAMEXカードの30%割引が適用されています

 

 

MyUSから安く転送するコツ

さて大幅な割引キャンペーンを適用させたわけですが、いくら送料を割引させたところで効率の良い転送プランを作成できないと、結局高額な転送料金(国際配送料金)を支払うことにもなりかねません。

 

アメリカから直接日本へ商品を送ってもらおうと思った時、基本的に重さで送料が変わってくるため、荷物のトータル重量が5kg以上にでもなってくるとかなりの国際送料が取られてしまいます。

 

ですのでアメリカにしか送ってくれないがFree Shipping(米国内は送料無料)の設定になっている海外セラーから、転送会社を通じて商品を仕入れた方が最終的な経費が安く済む場面は多いですね!

 

少しのコツで国際送料は1,500円〜2,500円ほどに抑えることが可能です。

そのコツとは、以下の事を仕入れの時から意識することです。

15品前後商品を貯めてから転送指示を出す

・商品の重さを20~30kg(44~66Ib)程度に抑える

・商品の総額を20万円以内に抑える

・配送会社はDHL Expressを利用する

以上の4点を意識することで、1品当たりの送料をかなり安く済ませることが出来ます。

 

例えば一つ例を出して考えてみたいと思います。

例)MyUSに以下の条件で転送依頼をかける場合

・商品数15品

・配送会社はDHL

・合計額金額は16万円

・重さは18kg(40 Ib)

転送料金は、プレミアムメンバー料金で$185.97

MyUS転送料金見積もり

 

ここからAMEXカードの30%割引が適用されるので、$185.97 × 0.7 =$130.18(日本円で約14,319円)。それに加えて関税消費税は9,600円だった。

 

1品当たりの国際送料+関税消費税を計算してみると、

14,319円 + 9,600円 = 23,919円 ÷ 15品 = 約1,594

 

国際送料に加え、関税消費税も含めて1商品当たり1,597円まで抑えることが出来ました。仕入れる商品の種類や購入総額によって関税消費税も変化するので、全く同じ条件でも同じ数字が出るとは限りませんが、これは国際送料として考えると、かなり安い金額となります。

 

仮に1kgの商品をMyUS経由で1品だけ転送してみようとすると、国際送料だけで5,000円前後はかかってしまいます。

 

MyUSでは、仕入れて貯めておいた商品を一覧で確認し、どれとどれを転送するのかその都度自由に選択することが出来ます。

重さと金額を気にかけつつ、まとめて10~15個程度で転送することが、転送料金を最大限に安く抑えるコツなんですね。

 

 

まとめ

もちろん資金力のある方で、コンテナ一つに商品を詰めるだけ詰め込んで転送出来る様な条件だと、今回の例より更に国際送料+関税消費税の一品あたりの負担額を下げることは出来るかもしれませんね。

 

ただ個人で副業から10万円を目指すにあたって、企業規模の商品数を取り扱うのは作業的にも場所的にもしんどいですし、僕がこれまで何百何千と商品を転送してきた経験から『副業個人ビジネス実践者』にとっての最適な商品転送感覚をお伝えさせていただきました。

 

いくら話を聞いたところでやってみることが一番の説得力になるかと思いますので、今回の内容も参考にしていただき、まずは5個でも10個でも輸入商品の仕入れを進めてみてくださいね!

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

 

 

僕が欧米輸入ビジネスでいかにして独立を果たしたのか、また個人ビジネスで成功するためのマインドについてメルマガにて定期配信しています。

 

今ならメルマガ登録してくれた方にもれなく特典付きの欧米輸入マニュアルもプレゼントしています!

 

お気軽に登録してみてくださいね^^

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください