客観視できない人は損してる?自分を見つめ直す客観視の方法

      2017/04/05

 

こんにちは、スケです!

 

自分を客観視しなさい

大人になったら誰しも一度は言われたことがあるのではないでしょうか?

 

今回はモノゴトの見え方が変わる『客観視』について

お話ししていこうと思います。

 

 

客観視とは

 

まず「客観視とは何か」ということですが

 

客観視とは、

自分の感情や観点を除いた別の視点から物事を考えること』です。

 

 

イメージとしては、

 

自分を部屋の真ん中に固定して、ググッと視点だけをズラし

部屋の隅っこから自分自身を眺めているような感じですね!

 

 

第三者視点から自分を眺めることで新たな長所・短所を見つけたり、

自己を改善していくことができる様になります。

 

しかし一般的には、意識せずに客観視をすることはなかなか難しいと言われています。

 

 

 

客観視をすることのメリット

 

客観視が出来ると大小様々なメリットがあります。

 

主なメリットとは以下の様なことが挙げられます。

 

感情を抑制して冷静な対応ができる様になる

相手の気持ちを考えられる人間になる

トラブルがあった際にも慌てず対処出来る

自己中心的になりにくい

 

 

この様に客観視をすることで得られるメリットは非常にたくさんあります。

 

 

僕も客観視を日常的に取り入れ始めたら、

感情の高ぶりを抑えることが出来る様になりました。

 

例えば、営業の仕事でお客さんに罵声を浴びせられた時でも、

 

まぁどれだけキツイ事言われても、殺されるわけじゃないし

といった具合に平静を保つことが出来る様になりました(笑)

 

 

もしかしたらお客さんの怒りの原因が僕にあったのかもしれませんし、

理不尽な態度にイライラしている自分を客観的に想像すると、

そこにエネルギーを使うこと自体が『時間の無駄』の様な気がしてきて

気持ちが不思議と落ち着いてくるんですね。

 

あ、もちろん僕にもちゃんと感情がありますので

キツイ言い方されると普通に傷つきますし、

 

そこは他の営業マン達と一緒ですよ(笑)

 

 

これまで自分の見てきた主観的な世界観が

一変してしまう事もあるのが客観視の凄いところです(^^)

 

モノゴトを広い視野で見ていくことで余裕が生まれ、

より自分が得をする方向を向いて人生を送っていくことができる様になるんですね。

 

 

 

自分を客観視する方法

 

それでは客観視をするためのコツ・方法についてです。

先ほども言いましたが、自分自身を違う視点から見るような事です。

 

僕自身、客観視をする為には以下の方法を取っています。

 

・常に撮影されている意識を持つ

・自分の声を録音してみる

・身近な人に聞いてみる

 

 

常に撮影されている意識を持つ

 

常にビデオカメラなどで自分を撮影されている様な感覚でいれば、

自分を客観視することが出来ます。

 

まるで自分のストーリーを眺めているかのごとく客観視することで、

物事に対して冷静な判断を下す事が可能となってきます。

 

 

実際に自分の声を録音して聞いてみる

 

自分の声というのは、あまり気分良くは聞こえないものです。

最初はそれが当然ですし、僕自身もその感覚はよく分かります。

 

 

しかし我慢して自分の声を聞き続けてみると、

 

もうちょっと明るく喋った方がいいな

少し早口だからもう少しゆっくり喋ろうかな

 

などと他者目線で気になる部分を発見することが出来、

それを自己改善していけます。

 

そして慣れてくると全く自分の声に対して違和感がなくなるわけです。

 

 

身近な人に聞いてみる

 

あなたと関係の深い人に

自分がどういう風に見えているのか」聞いてみる方法です。

 

何でも話せる関係の人に聞くことで

外部から見た本当の自分の姿を知ることができ、

自分を客観視することに繋がります。

 

 

ハッキリとモノを言う意見力の強い人でしたら、

あまり知った仲ではない他人でも効果的な返答が期待できるかもしれません。

 

 

 

人間だけが客観視できる生き物である

 

犬や猫を含めた人間以外の動物は、

自分自身を客観視することが出来ません。

 

彼らはまさに本能のまま生き、本能のまま死んでいく、

つまり目の前の出来事に『反応的に』生きていくことしか出来ない生き物なんですね。

 

 

それに対し人間は小さな出来事であろうと、その都度考えて

自由な意思』で行動の選択をし、間違えていたら自己改善していくことが出来ます。

 

この【自由な意思での行動選択】は人間にしか出来ないことなのです。

 

 

人付き合いが苦手な人でも客観視が出来る様になれば、

自分を改めて見つめ直し改善していくことで、

より良い人間関係を築いていける様になります。

 

 

もし上手く客観視が出来ないという方は

 

上記で解説した客観視の方法を試してみて

主観的な視点からより広い視野に切り替えていただき、

 

広い世界観で可能性に満ち溢れた素晴らしい人生

過ごしていただければと思います!

 

 

 

今回の内容は以上となります!

 

記事についてご不明点、

質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください(^^)

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 - マインドセット , ,