高額商品の取り扱いと富裕層の購買心理について

      2017/03/18

 

こんにちは、スケです!

 

僕は現在もヤフオク!で輸入品を販売していますが、

 

主に取り扱う商品の価格帯は、

1万円後半〜5万円ぐらいの物が多いです。

 

人によって金銭感覚は様々ですが、

僕は2万円を超える様な商品をポイポイ買うことは出来ません。

 

しかしそれは購入者としてのお話。

 

 

ヤフオク!出品者としては、3万円を超える高額な商品もよく取り扱っています。

 

今回は高額商品がヤフオク!でなぜ売れていくのかということを、

富裕層の購買心理を背景にお話ししていこうと思います。

 

 

ヤフオク!で高額商品を販売する理由

 

まず僕が3万円前後の商品をよく取り扱う理由としては、

輸入ビジネスで利益を挙げやすい価格帯だからです。

 

 

輸入ビジネスを実践する上で、

なるべく20%以上の利益率を目指すことを僕は推奨しています。

⇒ 輸入ビジネスでの理想的な利益率

 

利益率20%で仕入れを考えると、

 

・3万円で販売した時 → 6,000円利益

・5万円で販売した時 → 10,000円利益

 

3万円以上で販売出来る商品を取り扱って行く場合、

 

20%以上の利益率を目指すことで、

比較的大きな利益額を狙っていくことが出来ます。

 

 

3万円を超える高額な商品を自分にも取り扱っていけるのかな…

 

と全くの最初は心配になる人もいるかも知れませんが、全く問題ありません。

 

一月に10個や20個は当たり前に売れていきますし、誰にでも取り扱っていけますよ!

 

 

実際に需要のある商品を販売してみると、

高額な商品が頻繁に売れていくことに最初は驚くと思います(^^)

 

 

富裕層の購買心理

 

富裕層がいくらお金持ちだとしても、

僕らと同じ人間です。

 

商品を欲しいと思って購入することに特別な感情はありません。

 

 

しかし、特別な事情はいくつかあります。

それは以下のことです。

 

・ステータスを保つ。

・寂しさを埋める。

 

 

ステータスを保つ

 

富裕層は自らを良く見てもらいたいが為に、好んで高価な物を身につけます。

 

服、時計、指輪、サングラスなどの高価なブランド品を身に纏い、周りの人からはお金持ちと見られるわけですね。

 

 

しかし中には、

 

身近な富裕層からの目が気になるから、嫌でも着飾らなくてはならない。

 

という富裕層もいるんです。

 

 

富裕層は周りの人間も、

同じくお金持ちということが多いです。

 

 

身近な人間が高貴な身なりをしていれば、

 

自分が見劣りしないようにしなきゃ」と思ってしまうのですね。

 

 

僕は昔スーツ販売の仕事をしていたことがあり、

その時にこんな経験をしたことがあります。

 

ある20代後半ぐらいのお客さんが

入店するなり、「一番良いスーツちょうだい!」と言ってきました。

 

 

サイズの確認をしながら少し話を伺っていくと、

とあるパーティに呼ばれてそこに着ていくスーツが欲しいとのこと。

 

 

「参加者の中で、一番カッコ良くいたいからさ」

 

と言って、

お店で一番高い90,000円ほどのスーツを選択。

 

その後シャツ・ネクタイ・ベルト・スーツアクセサリー・シューズと

トータルコーディネートをさせてもらいました。

 

 

合計金額で軽く10万円を超える買い物を、

 

一切の躊躇も無くクレジットカード一括払いで済ませ、とても満足そうに帰って行きました。

 

 

目的のためならお金を使うことを惜しまない人の『お手本』を見せてもらった瞬間でした^^;

 

今思っても、あの買い方は凄かったなと思います(笑)

 

 

寂しさを埋めるため

 

お金を有り余るくらいたくさん持っていると、律儀に貯金するでしょうか?

 

いえ、きっと物を買ったり美味しいものを食べたり

そこそこに使ってしまうと思います。

 

 

中には、

寂しさを埋めるために物を買うという人もいることは事実です。

 

最新の機械やファッションにかこまれることで、

どこか心の奥底にくすぶる寂しい気持ちを和らげることが出来るのです。

 

 

お金がいくらあっても、

決して埋まらないものって、人の心の中にはあるんですよね…。

 

 

景気に左右されない

 

現在も不景気真っ最中の日本ですが、

 

日頃仕事に家事に頑張っていることですし、

たまには贅沢の一つや二つしたいものですよね!

 

 

例えば、

手取り20〜25万円ぐらいの一般的な家庭の場合、

月に何か贅沢出来たとしても、だいだい2〜3万円ぐらいまでではないでしょうか。

 

しかしそんな不景気の中、

値段を気にせず物を買うことが出来る人が大勢いるのです。

 

 

日本は富裕層の人口世界2位

 

 

落札者が富裕層ばかりではないですが、

 

高利益を狙っていくと必然的に、

そういった富裕層をターゲットにした商品にも巡り会います。

 

 

そして需要がある間は、仕入れればバンバン売れていきます。

 

不景気とは言え、日本ではまだまだ

個人ビジネスで稼いでいける可能性があることを思い知らされます(^^)

 

 

自分にとってはまったく価値がなく

 

絶対に買うことがない商品でも、

欲しい人からすればいくら出してでも買いたいわけです。

 

 

3万円も出して、なぜこの商品が欲しいんだろう?

 

と疑問に思うことも少なからずあると思いますが、

 

 

購入者と同じ目線に立って考えてみることで、

自分には無縁な商品でも自信を持って販売することが出来るようになりますよ(^^)

 

特に自分で使ってみたイメージをしてみることはオススメです。

 

 

今回の内容は以上となります!

 

記事についてご不明点、

質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください(^^)

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 - マインドセット , ,