【ヤフオク!】3分で商品ページを鮮やかに!出品テンプレート(HTML)作成ツールで商品を目立たせる方法

こんにちは、スケです!

ヤフオクの出品ページは、商品の情報をあらかじめ調べておき、なるべく売れやすくなるように作りこんでいく必要があります。

なぜならその少しの努力が売上に直接関係してくるからですね^^

・商品の特徴・良さ

・サイズ・重さ

・コンディション

これらを分かりやすく商品説明に織り込み、検索して見てくれた人に商品の魅力を上手く伝えていくというわけですね!

やはりしっかりと作りこまれた商品ページの方が、アクセス数も取れてウォッチリストも増えやすいですし、何より、落札者も安心して入札出来ますので、当然売れやすくなります

今回は、ヤフオク!の出品ページをどの様にして目立たせて、他の出品者との差別化を図るのかという内容について解説していこうと思います!

商品ページをカラフルに彩る方法

通常何もしない状態のヤフオク商品説明欄は、いたってシンプルです。

白い背景に黒文字で入力していくわけですが、やっぱりそれでは少し寂しいかなと思います。

「それならばツールを活用してカラフルな出品ページを作ってしまおう!」

スケ

ということが今回の内容になります^^

ヤフオクの出品ページ作成画面では、『HTMLタグ』というウェブ言語を使用して出品ページを加工していきます。

HTMLとは?

『HTML』とは、『Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)』の略で、ウェブページを構成するためのマークアップ言語の一つです。

基本的にインターネットで見ているページは、HTMLタグによって構成されています。

この記事のページももちろん例外ではありません。

このHTMLの言語は、実は僕たちでも簡単に見ることが出来ます。

ではどの様な形でウェブページが構成されているのか、少し覗いてみようと思います。

例)ヤフオク!

ページ内のどこでもいいので、余白をマウスで右クリックしてみてください。

『ページのソースを表示』をクリック。

o-kufan13

すると、

o-kufan14

このヤフオクページを構成しているHTMLコードがズラーッと表示されました。

この様にかなり複雑な言語の組み合わせによって、一つのウェブページが構成されているんですね!

この方法で、他のウェブページでも同じく裏側の世界を覗くことが出来ますので、興味がある方は色々と試してみてください^^

しかしこのHTMLタグを一から勉強して、自分で作成するとなると、とてもじゃないですが『副業だけの作業時間』では難しいかと思います。

ではどうするの?

ということで、便利な無料ツールの出番となります!

オススメのHTML作成ツール

実は検索してみると、好きなデザインを選び必要事項の入力をするだけで、HTMLコードを自分に変わって自動で作成してくれるツールがいくつもあります。

主に『出品テンプレート作成ツール』と呼ばれるものになりますが、数ある中でも僕がオススメするHTML作成ツールを2つ紹介して行こうと思います。

即売くん(Windows専用)

即売くんトップページはこちら

こちらはなかなか可愛い名前のついた、無料の出品テンプレート作成ツールです^^

しかし侮ることなかれ。

ヤフオク出品には欠かせない便利ツールとなっております!

即売くんの特徴

12種類×24色288パターンのデザイン

…これだけ選択肢があれば、きっとしっくりくるデザインに巡り会えるはずです。

送料の自動計算機能

…即売くんは、17種類の配送サービスの送料を自動計算して出品ページに載せることが出来ます。

配送サービスの種類はHPでご確認ください。

ネットバンクへの簡単ログイン

…マイリンク機能を使うと、ネットバンクへのログインをたったの2クリックで行えます。

対応銀行はHPでご確認ください。

オークファン出品テンプレート

商品リサーチでも頻繁に利用することになるオークファンですが、実は商品の相場検索だけではなく他にもいろいろなサービスを展開しています。

その中に、ヤフオク!で使える無料の出品テンプレート作成サービスがあります。

それが『オークファン出品テンプレート』です。

オークファン出品テンプレートの特徴

・オークファン会員登録なしでも使える(制限あり)

・豊富なバリエーションのテンプレート素材

・商品説明データの保存が可能

・送料の料金表を載せることが出来る

即売くん

・オークファン出品テンプレート

どちらもよく考えられてかなり使いやすいです。

デザインや操作方法に多少の違いはありますので、自分に合うサービスを選んで使ってみてくださいね!

無料で使える便利なツールですので、正直な話使わない方がもったいないですね。

数年前から、HTMLツール環境はさほど変化がなく、みんな使っているツールではありますが、使えるツールはどんどん活用して売上を伸ばして行きましょう!

今回の内容は以上となります!

記事の内容でご不明点、質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください^^

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください