【Google拡張機能】Amazonサイトのリサーチで活躍する『ショッピングリサーチャー』のインストール方法と使い方

こんにちは、スケです!

今日はAmazonで使える無料のツールである、ショッピングリサーチャーのインストール方法と、使い方について解説していきたいと思います。

ちなみにこのツールは無料で活用が出来ます!

ただしGoogle Chromeの拡張ツールとなりますので、他のブラウザでは使えないという点だけ予めご了承ください。

Google Chrome

それではGoogle Chromeの用意が出来ましたら、早速内容に入っていきましょう!

ショッピングリサーチャーのインストール方法

まずGoogleの検索窓に『ショッピングリサーチャー』と入力し、ウェブストアから『Chromeに追加』をクリックしてください。

ポップアップが表示されますので『拡張機能を追加』をクリック。

すると同ページ右上に、下の画像の様なカラフルなアイコンが出現するはずです。

もし有効化が上手く出来ていなければ、右上のアイコンパズルのピースの様なアイコンから、『拡張機能を管理』をクリックして、ショッピングリサーチャーが有効化されているか確認してください。

これでショッピングリサーチャーのインストールは完了です!

あとはAmazonのサイト上で勝手に機能してくれます

Google Chromeの拡張機能の良いところはここですね!インストールさえすれば、後は自動的に便利な機能がサクサク使えます。

では早速その利便性を確かめにいきましょう!^^

ショッピングリサーチャーの使い方

今回はみんな大好き(?)『プレイステーション4』の商品ページを見ていきたいと思います!

ショッピングリサーチャーが起動していれば検索結果の商品名下に、見たことのないほどカラフルなバーが出現しているかと思います。

また商品名をクリックして詳細な画面も開いてみましょう。

すると商品価格一覧の少し下に前の画面と同じバーと、より詳細データを一覧表示してくれるブルーの表が出てきました。

画像にもある様に、ASINコード以外の範囲は、Pro版のみ見れる箇所となります。

しかしショッピングリサーチャーは無料版で必要十分なのでご安心くださいね!

続いてバーの内容を見ていきましょう。

この中で主に使うのは、以下のボタンです。

・WEB ⇒ ショッピングリサーチャー詳細ページ

・Keepa ⇒ 『Keepa』検索結果

・メルカリ ⇒ 『メルカリ』検索結果

・フリル ⇒ 『ラクマ』検索結果

・Yショ ⇒ 『Yahoo!ショッピング』検索結果

・Yオク ⇒ 『ヤフオク!』検索結果

・価格ナビ ⇒ 『価格ナビ』検索結果

・楽天 ⇒ 『楽天』検索結果

・手数料 ⇒ Amazon FBA料金シミュレーター

いくつかご紹介していきますね!

ショッピングリサーチャー詳細ページ

WEBボタンを押すと以下の様な画面が開きます。

このページでは商品ごとに細かいデータをまとめてくれています。ただ僕はココに関しては仕入れ時にそこまで見ていません。笑

なぜなら電脳せどりも割とスピード勝負なところがあるので、良い商品を見つけたら価格差と売れているかだけ確認したら仕入れてしまうからです。

ただ一度購入した商品の細かいデータを収集・分析してリピートする際には、こちらのページも活躍する場面もあるのかなと思います。

というわけで、見ておく箇所をいくつか解説していきますね!

まずは「手数料(日本のみ)」では、商品をAmazonで販売した際に手数料を確認できます。

下には仕入れのボーダーラインが表示されています。

損益分岐点がパッと分かるのは便利ですね!

ただしあくまで無料ツール、実際の手数料と多少異なる場合があります。

ある程度の認識として活用し、確実な手数料の計算はAmazon自体が提供している『Amazon FBA料金シミュレーター』で調べる癖付けをしていきましょう。

手数料の下にある「他のショップ」では、現在同商品が他ではいくらなのかを見ていくことが出来ます。

ここで要注意ですが商品のコンディションまでは記載がないんですね。

サイト名をクリックすれば販売ページに飛べますので、安いと思った商品は販売したいものと同じコンディションかをチェックしてみましょう。

あとはグラフを見て、売れる商品なのかをチェックしていきます。

上から順番に「価格の変動グラフ

出品者数の変動グラフ

ここ3ヵ月の「ランキング変動グラフ」となっています。

マウスを動かすとピンポイントでデータが見れます。

一番下の「出品数の変動グラフ」はまだ試用運転中とのことですね。

あとはその下にある「商品情報」をチェックできるといった具合です。

Amazonの商品ページ下部にある情報がこちらには表示されています。

Keepa

おそらくAmazonでビジネスを展開する人が、一番訪れる事になるサイトが商品リサーチサイトである『Keepa』です。

詳しい使い方はまた別の記事で詳しく解説していきますが、せどりや中国輸入などAmazonで販売をしていくためには必須級のサイトですので、Keepaを初めて聞いた場合はブックマークしておいてくださいね!

メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどへのリンク

このボタンはそれぞれ各サイトへ直接リンクしています。

クリックするとその時表示している商品名を検索窓に自動で入力した状態のページが表示されます。

以下の様な感じですね!

メルカリ
ヤフーショッピング
ヤフオク

どのサイトもちゃんと商品結果が表示されていますね!

ただ先ほど同様、コンディションまでは自動で切り替わらないので必要に合わせてこちらで選択しましよう。

検索結果が思ったよりも出てこなかったら少しキーワードを削除したり、変更をかけてみてくださいね。

Amazon FBA料金シミュレーター

スケ

絶対に軽視しないでくださいね!

と僕が口を酸っぱくしていつもお伝えしているのが、販売サイト・プラットフォームごとに設定されている販売手数料です。

これはAmazonやヤフオクなど有名な販売サイトに、自分自身の売り場を用意してもらう以上しょうがない経費ですね。

例えば有名どころの手数料はどれくらいかと言うと、

・ヤフオク! … 8.8%

・メルカリ … 10%

・ラクマ … 5%

・Amazon … 8~15%

という感じで、そのサイトによって様々です。

Amazonではカテゴリーごとに販売手数料が決まっています。

商品ごとに「”いくら”で販売したら”いくら”の手数料がかかるのか」という情報を正確に出してくれるのが、このAmazon FBA料金シミュレーターなんですね。

これもショッピングリサーチャーのボタン1つで簡単に飛べますが、FBA料金シミュレーター仕入れにかかる経費や販売手数料に関しては、甘く見積もらないようにしていきましょう。

まとめ

さて今回はショッピングリサーチャーのご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この拡張ツール1つでかなり幅広く・快適に、商品のリサーチを展開できることが分かっていただけたかと思います。

ショッピングリサーチャーはせどり実践者や、中国輸入実践者もよく利用しているAmazon定番ツールです。

是非インストール&活用をしていただき快適なAmazonの販売・リサーチ環境を作っていきましょう!

副業で10万円の無理なく月収10万円目指せる教材を無料プレゼント

メルマガに登録してくれたお礼として、今なら副業月収10万円を目指せるノウハウ教材をプレゼントしています!

ありがたいことに、サラリーマン・主婦・脱サラ希望者と多くの方からご好評を頂いています^^

環境を変えるキッカケの1つにしていただければと思いますので、名刺代わりに手に入れてくださいね!

ではでは、今回はこの辺で!

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください