オークファンの使い方と商品リサーチ方法

      2018/03/23

 

 

こんにちは、スケです。

 

eBayとヤフオク!を使った輸入ビジネスについて

解説していますが、ブログ内の記事を読み進めて行くうちに

ある程度の雰囲気は掴んでもらえているでしょうか?(^ ^)

 

 

別の記事でヤフオク!を使って輸入品を見つける方法

について解説しています。

⇒ ヤフオク!を使った商品リサーチ方法

 

今回は、

オークファンの使い方から、商品の需要を調べる方法と

商品リサーチのやり方について解説していこうと思います。

 

実践的な内容になってきますので

是非参考にしてみてくださいね!

 

 

オークファンを使って商品の需要を調べる

 

オークファンでは、ヤフオク!で見つけた商品を

過去30日にさかのぼって情報を見ていくことが出来ます。

 

 

オークファンに商品名を入力して得られる情報は以下のことです。

 

・過去30日に落札された数(需要数)

・商品の30日以内の落札相場価格

・販売していたヤフオク!セラーID

 

 

過去30日に落札された数(需要数)

 

まずは商品の落札された商品数と相場価格の見方

について解説していきます。

 

利益を上げるためにはこの数字を把握することが

非常に大切なので、軽視することなく実践してくださいね。

 

 

今回一つ輸入品を例にとって解説していこうと思います。

PUMA IGNITE HI TOP SE』ゴルフシューズです。

リサーチ実践

 

では早速、オークファンで商品が落札された数を見てみましょう。

 

オークファンのトップページ検索窓に

商品名『PUMA IGNITE HI TOP SE』を入力して、検索マークをクリック。

リサーチ実践1

 

 

検索結果が表示されました。

このゴルフシューズは30日の間に、6個売れているようです。

リサーチ実践2-1

 

 

しかしこのまま終わりではなく

PUMA』という文字だけ消してみましょう。

すると…

リサーチ実践3

 

 

検索結果がさっきの倍である12件になりました。

 

PUMAだけを例にとってみても、

 

「プーマ」とだけ記入する人もいますし

今回の様に商品名だけ入力する人、逆にメーカー名だけ

商品名や型番を一切入力しない人と、

 

出品者によって様々ですね。

ですのでここは固定概念を捨てて色々検索してみて

最も検索結果の良質なキーワードを見て行ってください。

 

今回の様なことはよくありますので、少し面倒でも

商品名を少し変えて2~3パターンは検索をかける癖

つける様にしてくださいね。

 

 

商品の30日以内の落札相場価格

 

では再度オークファンの画面に戻っていきましょう。

 

これまでの検索画面から得られる情報は

商品の落札数』と『過去の落札相場価格』です。

 

 

下にスクロールして細かく見ていくと、

1円スタートからのオークションも含め25,000~30,000円

間でこのシューズが落札されていることが分かります。

リサーチ実践4 リサーチ実践5 リサーチ実践6

 

 

この時注意して見ておいて欲しいのがシューズのサイズです。

26~27.5cmぐらいのサイズがよく売れていることが分かります。

 

eBayで同商品を見てみると、人気のあるサイズは

やはり高値が付いていたりしますので、シューズを

取り扱う際には覚えておいてください。

 

 

商品名をクリックすることで商品説明を見れますので、

 

他にも売れる条件や特徴がないか、仕入れる前に

商品リサーチでしっかり確認しておきましょう!

 

 

さてこのシューズは、

「30日間で12個落札、ほぼ安定的に30,000円前後で売れる」

ということがオークファンから分かりました。

 

結論として、このゴルフシューズは

十分需要のある商品である」ということが言えますね!

 

 

ただし、先ほどの中に20,000円で終了しているの物と

39,000円まで上がっている物がありました。

 

eBayで商品の仕入れ価格を見た際に

20,000円で終了した場合でもマイナスにならないか

ということは必ずチェックして欲しいということと、

 

なぜこの商品だけ他と金額が違うのか?

という疑問だけは持つようにしてくださいね。

 

商品が「訳あり」だったり、何か特別な特典が付いてたり

する場合もあるということですね。

 

 

でも理由が無く、たまたま平均価格から

大幅に離れている(5,000円以上)場合には、

 

そのデータだけ除外して考えましょう。

 

商品リサーチではアウトライヤーにご注意!

 

 

今回の場合は、平均で見ても良い価格帯で

売れて行っていますので、

ヤフオク!での現在の販売数(供給数)次第では

仕入れ対象として見て良い商品だと思います。

 

 

では次は実際にこのシューズが

eBayで販売されている価格を見ていきたいと思います。

 

 

 

オークファン×eBayリサーチ実践

 

早速eBayのトップページから

商品名『PUMA IGNITE HI TOP SE』を入力後

Search』をクリック。

ebayリサーチ実践7

 

 

すると今回eBayでは、48個の検索結果が出てきました。

ebayリサーチ実践8

 

 

写真から見ても同じ商品で間違いありませんね!

 

では先ほどのオークファンで得た情報から

サイズ26~27.5cmまでのシューズを探していこうと思います。

 

 

すると、この商品に目が留まりました。

ebayリサーチ実践9

 

 

CHOOSE SIZE』すなわちサイズが選べるという意味ですね。

 

商品名をクリックしてサイズを選択

すると26cmと26.5cmはまだ在庫がある様子です。

ebayリサーチ実践10-1

 

 

セラーは、8,405件評価数に対し99.9ポジティブ評価

十分信頼できるセラーであると判断出来ますね。

 

 

価格を見てみると、$179.94 + 米国内送料無料

日本円にすると合計19,200円ほどです。(平成28年7月現在)

 

 

少し利益額の予想をしてみましょう。

仕入れ価格

19,200円 + 国際送料 2,000円 = 21,200円

販売価格

29,000円 - 販売手数料2,505円 = 26,494円

 

26,494円 - 21,200円 = 5,294円(利益率18.25%

 

本来は利益率20%を越えたいところですが、

 

この商品はしっかりと需要もありますし

利益率18.25%なら仕入れても良いでしょう(^^)

 

 

とここで少しご注意ですが

このシューズは実は『本革』を使った製品です。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが

革製品に対する関税率はとても高いです。

 

 

1足で約6,000円ほど課税をされてしまう場合もありますし

逆に運よく税関から見逃されて、無税になる場合もあります。

 

 

こういった『関税が高額な商品』の仕入れ方には

少しコツがいる場合がありますので、

 

商品の関税率については事前によく確認しておくようにしましょうね。

⇒ 輸入ビジネスの関税について解説

関税率について税関のホームページ

 

 

 

オークファンセラーIDリサーチ

 

もう一つオークファンで活用できるリサーチ方法が

セラーIDリサーチ』です。

 

一つ儲かる商品が見つかれば、その商品を出品しているセラーが

ヤフオク!で過去30日間に出品して売れた商品

すべて覗き見ることが出来ます。

オークファンプレミアム以上のサービスです

 

 

セラーリサーチの方法

 

それではリサーチの方法を、先ほどのシューズを

例にとって解説していこうと思います!

 

検索結果の画面からどれか一つ商品名をクリック。

詳細ページに入ってください。

ebayリサーチ実践10-2

 

 

右の方に『出品者情報』という項目があるのでクリック。

ebayリサーチ実践11-1

 

 

するとセラーのIDが表示されますのでそれをクリック

することで、過去に販売された商品がズラッと出てきます。

ebayリサーチ実践11-2

 

 

この様にセラーの販売した商品を見ていくことによって、

 

儲かる商品発見!

セラーリサーチ

儲かる商品発見!

繰り返し…

 

という具合に、無限リサーチループに入ることが出来て

 

良質なセラーIDから儲かる商品がザクザク見つかる様になれば

商品リサーチが楽しくなってくるはずです(^^)

 

 

商品リサーチは泥臭い作業です。

 

しかし淡々とこなすだけのただの作業になってしまうと、

モチベーションが続かなくなってきますよね。

 

商品リサーチは『宝探し感覚』で楽しんで行う

ということを常に忘れないようにしましょうね!

 

 

今回の内容は以上です。

 

記事についてご不明点・質問等ありましたら

お気軽にお問い合わせください(^ ^)

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 - 商品リサーチ , ,