【電脳せどり】ヤフオクを使った基本的な商品リサーチ方法

こんにちは、スケです!

 

物販ビジネスには商品の仕入れが必要不可欠です。特に僕の実践する欧米中輸入ビジネス国内せどりは、有在庫での販売となりますので、なるべく効率よく商品リサーチを進めて行きたいところですね!

 

今日はその中でも利益率が高く、実践者も多いのに全く飽和することのない物販ビジネス『せどり』について。

家から一歩も出ることなく商品の仕入れを進めることが出来る様になる『電脳せどり』での基本的な商品リサーチ方法について解説していきます!

 

電脳せどりって何?という方は下の記事を御覧ください^^

電脳せどりって何?メリット・デメリットを解説

 

 

それでは早速内容に入っていきましょう!

 

電脳せどりでは、様々なサイトから仕入れが出来ますが、今回はヤフオクを使って検索していきますね!

 

 

ヤフオクを使った電脳商品リサーチ方法

例えば今回は国内最大手家電メーカーである「Panasonic」をリサーチしていきたいと思います。ヤフオクの検索窓にキーワードを入れていきます。

 

ズラーっと結果がたくさん出てきました。

 

始めてリサーチをする場合は、ここで全部の商品をリサーチしてみても決して無駄にはならないのですが、それではどうしても利益を得るまでに時間がかかってしまうので、まずはある程度の法則に従ったりカテゴリを絞ったりしながら、商品を効率よく見ていくようにしましょう!

 

 

チェックするべき商品の特徴

最初に以下の条件になるべく多く当てはまる商品をピックアップして、リサーチを進めてみてください!

・商品画像が公式ではない

・商品と一緒に外箱が写っている

・「美品」や「未使用」の表示あり

・専門的・重量のある商品ではない

 

公式な画像を使っているセラーは他ショップからの無在庫転売の可能性が高いです。例えば、Amazonで5,000円で販売している商品があったとして、そのページから公式の画像と商品説明をコピペして、[keikou]在庫を持たずに[/keikou]ヤフオクで8,000円で販売していたりすることが多々あるんですね。

 

※念の為追記ですが、これはヤフオク上の規約違反になりますので、無在庫転売はしないようにしてくださいね。楽だけを求めた転売行為では全然稼げないのが「物販ビジネス」です!

 

他にもあまり良くない商品のコンディションを隠すために公式画像でよく見せていたりと、僕の経験上からも言えますが、公式画像のセラーから良い商品を仕入れできるパターンはほとんどありません

 

 

そして画像に箱が写っていると、販売する際にその商品の価値が上がるということもあります。あなたもなんとなく分かるかもしれませんが、日本人は特に外箱にこだわる人種です。笑

 

Amazonでもこれは数字になって現れていて、外箱があるか無いかだけで数千円の差が開くこともあるんですね。

 

その他「美品」や「未使用」の表記についても同じく、商品を販売する際にアドバンテージになること間違いなしですよね^^

 

 

それでは早速この情報も踏まえて、先ほどの検索結果の中から1つ条件に当てはまりそうな商品を見てみましょう。

この商品なんかはぴったり当てはまるので良さそうですね!

 

アウトドアで人気のウェアラブルカメラです。

では商品ページから状態をチェックしてみます。この際コンディションや付属品の有無十分にチェックしていきましょう。

 

 

今回の商品は以下の様な説明がされていました。

 

記載にある情報が本当ならば、かなり状態が良さそうですね!情報の信憑性については、セラーの「悪い評価」をチェックすると、もしあまり信用のないセラーなら数字やコメントで現れているはずなので、面倒でもチェックしておいてください。

 

 

売れ行きと価格相場をチェック

では商品としては問題なさそうなので、続いてこの商品の売れ行きをチェックしてみます。

 

■モノレートの使い方はこちら

Amazonリサーチツール『モノレート』の使い方とチェックポイントについて解説

 

キーワードをコピペして「グラフを見る」をクリック。

 

基本的にモノレートでは品番だけ検索していけば

商品に辿り着くことができますが、

 

もし一回で商品が表示されない場合は

何度か同じワードで検索を繰り返し試してみるか、

(なぜか稀に検索結果が変わります)

 

「[keikou]Panasonic[/keikou] HX-A1H-K」などと

[keikou]メーカー名も付けて一緒に検索[/keikou]をしてみましょう。

 

 

今回はすぐに出てきましたね^ ^

 

売れ行きと価格の推移も良い感じです!

 

新品の価格推移を見ても状態次第では

2万円後半でもバンバン売れていくかと予想できますね!

 

今回、新品2人・中古3人とライバルが少ないのは

おそらく需要(欲しい人の数)の方がかなり多いので、

 

供給、つまり販売者が商品を見つけてAmazonで

販売開始するスピードが追い付いていかないのでしょう

 

あくまでこの段階では予測ですが

ヤフオクで安く落札出来たらチャンスですね^ ^

 

 

新品が49,800円~

中古が30,500円~でしたので、

 

先ほどのヤフオク出品と同じ状態の商品が

Amazonでは[keikou]現在どの程度の相場か[/keikou]を見てみましょう。

 

モノレートのページから中古」のボタンをクリック。

 

 

先ほどヤフオクで見つけた商品は未使用の付属品が多数

本体も使用2、3回ということだったので、

 

「[keikou]ほぼ新品[/keikou]」のコンディションで普通に売れていくかと予想します。

 

こんな感じで、

今のライバルが同じコンディションで

いくらで販売しているか必ずチェックする様にしてくださいね!

 

 

Amazonの出品制限について確認

 

商品をリサーチする際に忘れず行って欲しいのが

自分のAmazonアカウントで販売できるかの確認です。

 

いくら儲かる商品を見つけたとしても

[keikou]販売出来なければまったく意味がありません[/keikou]。

 

 

これは『[keikou]出品制限[/keikou]』と呼ばれていますが

Amazonセラーセントラルにアカウント登録が済んでいれば

簡単にモノレートのリンクからチェックすることが可能です。

 

基本的に[keikou]メーカー単位で制限[/keikou]をされていることが多いです。

(そうでない場合もあります)

 

例えば僕のアカウントを例にとってみると

SONY社の製品がほとんど出品出来ません

 

しかし[keikou]セラーアカウントの登録は10年近く前[/keikou]ですし

近頃は[keikou]販売経験が豊富[/keikou]なこともあるので、

 

一部のSONY製品に関しては販売許可を持っていたりします。

 

そしてアップルやSONY以外でしたら

そこそこ幅広いメーカー商品を自由に取り扱うことができます。

 

 

例えば今回のメーカーは[keikou]Panasonic[/keikou]でしたね。

 

今回のカメラを僕のアカウントで

販売できるのかを確認してみましょう。

 

モノレートから「出品制限」をクリック。

 

出品制限が適用されます」をクリック。

 

すると状態ごとの出品可・不可が出てきます。

 

「[keikou]出品する[/keikou]」

となっていれば出品可能。

 

「[keikou]出品許可申請[/keikou]」

ならその時点での出品は不可となります。

 

参考までに出品の許可が必要な場合は

以下の様な表示になりますね。

 

 

ちなみにスマホアプリの

セラーセントラルアプリを使うと、

 

商品の登録画面から出品制限の確認が可能です。

 

■スマホで出品制限を確認する手順

    

 

 

 

新品の商品ならそのまま右下の「出品」ボタンから

現場で商品登録してしまっても良いですね^ ^

 

僕もよくやりますが未開封の商品を仕入れたら

その場で商品登録しちゃって納品に備えます。笑

 

 

価格差のある商品が目の前に出てきたら

[keikou]PCからでもスマホからでも簡単にチェックが出来る[/keikou]ので、

 

是非上で解説したのと同じ要領で調べる癖をつけてくださいね!

 

 

ヤフオクでいくらで落札できるかをチェック

 

分かりやすくするために[keikou]別タブで[/keikou]

「ヤフオク」をもう一つ開いてみてください。

 

そして先ほどのカメラの型番を検索。

 

すると今現在出品されている商品が出てきました。

(検索している間に入札が入り少し価格が上がりました笑)

 

ここでこの商品が過去にオークション形式・即決形式で

いくらぐらいで取引されていたのか覗き見ていきましょう!

 

チェックするのは簡単、上の画像にある様に

落札相場を見る」をクリックしてみてください。

 

するとだいたいこのカメラは

[keikou]1万円後半~2万円前半[/keikou]ぐらいで取引されている様子でした。

 

なんと未開封品が23,000円

即決落札されていますね!(欲しい!笑)

 

もしモノレート通り49,800円で売れたら

なかなかの利益になることが予想できます^ ^

 

 

今回の商品も美品ですがおそらくこのまま

オークションで競っても、23,000円ほどでしょう。

 

過去の相場を見ることによって最終的にいくらまで

価格が上がるか分からない[keikou]オークション出品[/keikou]の

予測を立てることが出来るんですね。

 

 

利益額と利益率を計算

 

では続いて実際の利益を確認します。

 

[keikou]FBA料金シュミレーター[/keikou]へ行って調べてもいいのですが、

販売手数料を把握しよう!Amazon FBA料金シミュレーターの使い方

 

最近になって実装されたモノレートのグラフの上にある

価格シミュレーターが非常に簡単で楽です。

 

なんと最近はスマホ版モノレートでも

手軽に価格差をチェックできる仕様に変わりました。

 

これは店舗せどりで非常に欲しかった機能です!

これで無料なのですから活用しない手はないですね^ ^

 

 

さて続きです!

 

仮に販売価格を3万円とし

仕入れ原価を2万円としてみます。

 

すると以下の様な結果になりました。

 

利益額も利益率も理想的ですね!

 

是非どんどん良い商品を見つけてデータを算出できたなら

過去のデータを信じて仕入れてみてくださいね!

 

 

 

まとめ

 

最後に手順をおさらいしておきますと、

1.ヤフオクから商品を見つける

2.商品の状態を確認

3.モノレートで売れ行きを確認

4.出品制限を確認

5.ヤフオク落札相場を確認

6.再度モノレートで利益を確認

 

同様の手順を繰り返していけば

何の問題もなく[keikou]売れる商品をヤフオクから仕入れて[/keikou]

[keikou]Amazonで販売していく[/keikou]ことが出来ると思います。

 

最初はAmazon・ヤフオク・モノレート

見るサイトやチェック項目がが多く感じますが

[keikou]基本的に同じ動きを繰り返すだけ[/keikou]なので

慣れてくると単純・簡単ですよ^ ^

 

 

言ってしまえばモノレートとヤフオクだけでも

電脳せどり仕入れを完結させることは十分出来ますので、

 

今回の内容をよく読み込み込んで実践に移してくださいね!

 

 

では今回の記事はここまでとなります。

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

引き続き全力で頑張っていきましょう!

 

 

 

ネットビジネスの教科書プレゼント

 

今ならメルマガ登録者限定ではありますが

物販ビジネスで月収10万円を稼ぐ為の教科書無料で配布しています!

 

・これからの副業で稼げる情報

・初心者でも物販ビジネスに興味が湧く

・稼げるようになる・未来が明るくなるマインドセット

 

などなど!

 

受け取った方からは大変ご好評をいただいております^ ^

 

 

是非この機会にポチっとメルマガへ登録していただき

名刺代わりに教材を受け取ってくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください