〜eBay輸入ビジネスで貯金ほぼゼロからマイホームを建てたスケのブログ〜

PayPalでも利用可!VISAプリペイドアプリ『バンドルカード』の登録と使い方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、スケです。

 

唐突ですみませんが、詳細なプロフィールでも言っているように

僕は三度の飯より漫画(特に少年ジャンプ)が大好きです!!

 

■スケの詳細なプロフィールはこちら

http://suke-1nomiya.com/profile/

 

毎日、自宅仕事の休憩や就寝前などに、暇があれば『無料の漫画アプリ』を

利用して楽しんでいるわけですが、アプリで漫画を読む場合「次の話」を読むために

30~60秒ほどの無料広告を見なければいけないことが多いです。

 

無料アプリって「無料」の言葉に誘われてダウンロードしてみると

割とどこもかしこも広告だらけなんですよね(^ ^;

 

まぁ便利なアプリが無料だし、広告収入でそのアプリ自体の運営が

成り立っていることは理解できるので、正直しょうがないことなんですけど…笑

 

 

そんなある日、いつもの様に広告を流し見しているところ

ちょっと気になるアプリがあったので、久々にジックリ広告を見てしまいました。笑

 

それが今回のタイトルにもある「バンドルカード」です!

(画像クリックでAPP STOREへ)

 

今回はスマホを使った新決済サービス『バンドルカード』が

どの様に個人ビジネスに役立ってくるのか、その詳細と登録方法について

詳しくご紹介していきたいと思います!

 

 

 

バンドルカードとは?

 

まず、バンドルカードとは何かということですが

簡単に言うと『誰でも作れるVISAデビッドカード』です。

 

正確には普通のデビッドカードと違い、あらかじめ金額をチャージしておいて

その中から使っていくプリペイド方式を取っているので、

 

使える額を予めこちらで制限できるのが大きな特徴の一つですね。

 

 

バンドルカードの仕様

 

国内・海外のVISA加盟店で利用可能

・有効期限 … 5

・年会費 … 無料

・口座維持費 … 100円(120日未利用の場合)

・海外事務手数料 … 4.5%

・1回のチャージ上限額 … 3万円

・月間のチャージ上限額 … 12万円

・有効期限内のチャージ累計額 … 100万円

・残高の上限額 … 10万円

・チャージ後の返金は不可

 

上記の様にいくつか利用にあたっての取り決めはありますので

必ず確認した後で利用開始する様にしてくださいね。

バンドルカードの仕様

 

 

バンドルカードと通常デビッドカードの違い

 

主な違いは以下の2点です。

・デビッドカード … 使うとその利用額が銀行の残高から即時引かれる

・プリペイドカード(バンドルカード) … 予め一定の金額をチャージしその中から使う

 

例えば何かしらの理由でクレジットカードの審査に落ちて

作れなかったりすると、比較的審査に通りやすいデビッドカードを作って

それを個人ビジネスの投資・仕入れに活用していくことが可能です。

輸入ビジネスの為に必要なクレジットカードの枚数

 

デビッドカードでは銀行残高にある分しか利用できないので

計画的な利用が可能ですが、一方でプリペイド方式のバンドルカードは

チャージした金額内しか利用できませんので、

 

デビッドカード以上に使いすぎを抑制できますね

 

 

またデビッドカードの申し込みには、

・カードを発行している銀行口座

・身分証明書

・印鑑

これらが最低限必要になってきますが、一方のバンドルカードに必要な物は

・スマホ(電話番号あり)

 

以上!

う~ん、なんともシンプル。笑

 

 

電話番号の登録できるスマホさえあれば

誰でも仮想デビッドカードを作ることが可能となっています。

 

 

 

バンドルカードはPayPalにも登録出来るので、ECサイトでも利用は可能!

 

バンドルカードは普通のクレジットカードの様にPayPalに登録して

利用することができるので、海外から商品を仕入れる時にクレジットカードを活用する

欧米輸入に使える無料ツールとしても優秀!

 

「仕入れ用サブカード(計画的利用)」としても十分活躍できます。

 

一部の方が「PayPalに登録できなかった」と言っている様ですが

クレジットカードとは違い、予めチャージの必要があるプリペイド形式なので

PayPalがクレジットカードを確認するための少額請求がされた時に

残高ゼロ、未チャージのままだと通らないことが、登録失敗する原因だということです。

 

これはバンドルカードの公式サイトにも書いてありますので

今後PayPalで活用していきたい人は、下のリンクに目を通しておいてくださいね。

⇒ バンドルカードはPayPalでも使えます(バンドルカード公式)

 

 

それでは、手続きもめちゃくちゃ簡単なので

登録までの流れを一から解説していきたいと思います(^ ^)

 

 

 

バンドルの登録方法を解説

 

まずはアプリで『バンドルカード』と検索。

ダウンロードが完了したら、早速開いてみましょう。

 

アカウントを登録をタップ。

 

ユーザーIDパスワードを決めて、次へをタップ。

誰かから教えてもらった場合、招待コードがあれば入力しましょう。

 

※以前は招待した方とされた方でお互いに招待特典として200円分チャージが

貰えたのですが、2017年6月12日より招待した側にのみ200円チャージとなっています。

 

 

生年月日性別を入力後、次へをタップ。

 

正しい電話番号を入力後、認証をタップ。

 

SNS認証で番号が届きますので、認証番号を入力して認証するをタップ。

 

最後に登録情報の確認がありますので、間違いなければ登録をタップで登録完了です。

忘れずに利用規約に同意しますにチェックを入れましょう。

 

続いてバンドルカードを発行するをタップ。

 

注意事項を確認した後、発行するをタップ。

 

数秒でバーチャルカードが発行されます。

はじめるをタップ。

 

ここで個人のカード番号が確認できますね。

ようこそをタップ。

 

後はインターネットで使いたいサイトの支払い方法に上記の番号を

クレジットカード』として登録するだけで利用可能です。

 

クレジットカード・デビッドカードの様に利用する場合は

名前をユーザー名ではなく『VANDLE USER』で登録する必要が

ありますので、合わせて覚えておいてください。

 

 

トップページ左の『明細』では、使った内容の確認が可能です。

 

『カード』では、現在のカード情報の確認チャージ額の確認など

カードに関する細かい詳細を確認できます。

 

ページ内、カード手続き ⇒ リアルカード発行と進めると300支払うことで

リアルカードとしても受けとることが可能です。

 

リアルカード派、実店舗で利用される方は発行してみてくださいね(^ ^)

 

 

右側チャージでは7つの方法から、カードに残高をチャージすることが可能です。

 

今話題のビットコインからのチャージも可能となっていますね!

 

まずはこちらのチャージをすることから利用スタートとなりますので

好きな方法でバーチャルカードに入金してみてください。

 

 

ただしいくらクレジットカード代わりに使えるとは言っても

使えない店舗やサイトがあったりしますので、予めチェックしておく必要はありますね。

バンドルカードが使えないお店があるのはなぜ?(公式)

 

その他いろいろと情報が公開されていますので

公式サイトには必ず一度目を通してから利用していきましょう!

バンドルカード公式サイト

バンドルについてもっと詳しく

 

 

 

まとめ

 

もちろん欧米輸入ビジネスにも活用できるということが第一ですが

何やら面白いサービスが出てきたなー!

スケ

という想いもあって、今回はご紹介させていただきました(^ ^)

 

 

普通のデビッドカードを作るよりも、バンドルカードの方が

遙かに最小の手続きで登録することが可能です。

 

また非常に手軽な分注意しておくこととしては

小中学生でも簡単に登録できてしまうという点です。

 

リアルカードでも同じく言える事ですがカード(スマホ)の管理は大切ですね!

 

 

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

僕が欧米輸入ビジネスでいかにして独立を果たしたのか、

また個人ビジネスで成功するためのマインドについて

メルマガにて定期配信しています。

 

今ならメルマガ登録してくれた方にもれなく

特典付きの欧米輸入マニュアルもプレゼントして中!

 

お気軽に登録してみてくださいね(^ ^)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です