【eBay】検索して見つからない商品はほぼ皆無!世界最大級のオークションサイトeBay(イーベイ)について解説

こんにちは、スケです!

突然ですが、あなたは個人で何か商品を輸入してみたことはありますか?

ちなみに僕は輸入した商品を販売する『輸入ビジネス』を日頃から実践しています。

輸入ビジネスとは、国内で需要のある輸入品や魅力的な日本未発売商品を海外から探してきて、ヤフオクなどの販売プラットフォームを通じて販売することで利益を上げて行くという単純なビジネスです。

ただ全くの初心者の方がこれを聞いた時、

輸入品を販売するのは分かったけど、どこから購入すればいいの?

と、最初は思うかなと思います^^

実は僕のように日本国内で輸入品を取り扱ってビジネスをしている個人セラーは、高確率でeBay(イーベイ)という海外オークションサイトを使って、商品の仕入れを行なっています。

というわけで今回は、eBayを知らない方、またこれから知ってみたい方に向けて、世界最大級のオークション・ショッピングサイトである『eBay』について詳しく解説していきたいと思います!

eBayとは?

eBayとは、アメリカはカリフォルニア州に本社を構える、インターネット通販・オークションサイトです。世界約30カ国から購入・販売を目的として誰でも参加することが出来て、もちろん日本人ユーザーの数も非常に多いサイトです。

実は1999年にeBayは『イーベイジャパン』を設立して日本進出を試みました。

しかし当時日本国内で先行していた『ヤフオク(当時のYahoo!オークション)』に太刀打ちできず、遂には2002年に撤退してしまいます。

もしもイーベイジャパンが撤退せず、今のヤフオクと同じぐらい、もしくはそれ以上の市場を持っていれば、僕らの実践する輸入ビジネスは、また違った形をしていたかもしれませんね!

eBayで取引をするためには?

まずeBayで売り買いをする為には、商品を購入したり、販売するためのeBayアカウントと、

支払いをしたり、支払いを受け取ったりするためのPayPalアカウントが必要となります。

最低限上のサイト登録さえしておけば、eBayに参加する権利があるということですね!

ちなみにeBayは、2002年にインターネット決済システム『PayPal』を買収し子会社としますが、その後、2015年にはそれぞれ分離し独立することになったという歴史もあります。

eBayを利用するメリット

検索すれば何でも見つかる

eBayは公私ともに利用出来るサイトだと言いました。

例えば日本では手に入らないかなりレアな商品があるとします。

・日本国内では探しても絶対に見つからない

・見つけたとしてもとんでもない金額で取引されている

そんな商品を世界中の出品者から探し出して、購入することができるサイトがeBayになります。

価格もセラーが自由に決めれますので、個人間での取引をまさに【世界規模】で行うことが可能というわけですね!

スケールの大きなサイト利用感

個人的な感想でもありますが、eBayを自由に使える様になると、他の人がやっていない何かスケールの大きなことを始めた感覚にもなれます^^

「何だかすごいことをしている感」がありますね。笑

国内サイトの同様の直感的な操作感

eBayはサイトがすべて英語表記ですが、たったそれだけのことでも「安全性・確実性」を求めたがる日本人からすれば、

商品を探しにくそうだし、海外セラーとか危険じゃない?

と思い込んでしまう傾向にありますね。

正直この認識はわからなくもないですが、eBayに関して言えば、インターネットが使えれば誰でも商品の購入は出来ますし、英語サイトの利用も慣れてしまえば全然難しくはないんです。

eBayの操作・使い方については下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

また、

・手数料を上乗せしてでもeBay上の商品が欲しい

・PayPalアカウントを作らずに輸入品を購入したい

・外国人と直接やり取りをしたくない

・とにかく日本語で検索したい

という人向けに『セカイモン』というサイトがあります。

セカイモントップページ

これはeBayがヤフオクと提携することで実現した『英語が苦手な人向けのeBay購入サポートサイト』なのですが、正直手数料が馬鹿高いです^^;

ここから仕入れをすると楽なのでは?

と思う方も多いみたいですが、ビジネスでの利用は全くオススメ出来ません。

ただビジネス利用・商品仕入れで考えると論外だとしても『商品リサーチ』には活用できます。

セカイモンの活用方法についても、また別の機会にでお伝えしていこうと思います。

eBayを利用するデメリット

中には悪いセラーも存在する

次にデメリットについてもご紹介しておきます。

それは悪いセラーに当たってしまう可能性もあるということです。

実は海外セラーの中には、そもそも商品を発送しなかったり、違う商品を発送したり、個数をわざと間違えて発送したりと、悪いことを考える者も存在します。

例えば、良い評価が90%以上のセラーがいるとします。

商品の写真や表面上の評価の数字を見るだけでは判別は出来ませんが、詳しく評価の中を覗くと…

「商品が届きません!」

「トラッキングナンバー(問い合わせ番号)が存在しないのですが?」

と何件も問題を起こしていたりします。

と、これだけ聞いてしまうと海外との取引が怖くなってしまうかも知れませんが、圧倒的に優良セラー数の方が多いですし、万が一の時にはPayPalの買い手保護制度によって購入代金が補償されますので、過度な心配は無用です。

・PayPalから守られていること

・セラーをしっかり見極めること

この2点さえ頭にあればトラブルについてはそこまで恐れなくても大丈夫です^^

僕も偽物や商品未着の被害にあったことはありますが、何百件の取引のうち数件です。

そして当然セラーが悪い場合は、こちらが損をすることは有りませんでした。

そもそもPayPalで支払いが出来ないセラーからは購入しない方がいいですね!

PayPalを通して支払うと、万が一の時はクレームを出すことで購入金額を取り返すことが可能です。そしてセラー側は、PayPalから悪質なセラーとしてペナルティを受けることになります。

全ての悪いセラーに対する一つ疑問があるのですが、「PayPalでクレームを上げられたら売上が凍結される」と分かっているのに、なぜ

「ワンチャンあるかも?」と無駄な詐欺行為を働くのか、僕には全く理解が出来ません。。^^;

僕たちもビジネスとして輸入品を販売していく以上は、嘘偽りのない真っ当なビジネスを心がけていきましょう!

今回の内容は以上となります!

記事の内容でご不明点、質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください^^

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください